希少なワイン飲み比べも!伊勢丹でワイン祭

1

2020年02月13日 12:03  オズモール

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

オズモール

写真写真
◆30カ国1500種類以上のお酒が大集合!伊勢丹新宿店「世界を旅するワイン展」の注目ポイントは?

伊勢丹新宿店で2020年2月19日(水)〜24日(月・振休)に開催される「世界を旅するワイン展」、今回は“リカーフェスティバル”がテーマ。旅するように世界各国のお酒を飲んだり食べたりしながら楽しむのはもちろん、気に入ったらその場で買って家でも楽しめるのが魅力。今回のイベントの見どころを、伊勢丹新宿店の洋酒アシスタントバイヤー半田真也さんに直撃!



〈日本のワインと食材 フジマル食堂〉日本のナチュラルチーズプレート1870円 ※各日30点限り
初心者からマニアまで。幅広く楽しめるワインのお祭り
「会場は、世界のワイン、日本ワイン、ナチュラルワイン、レストラン&バーのゾーンに分かれています。日本ではなかなか手に入らない貴重な本数限定のワインもあるので、事前にWEBサイトをチェックして、オープンと同時に狙ったお酒を購入されるファンの方もいらっしゃいます。
イートインや飲み比べも充実していて、販売のコーナーでもさまざまなお酒が試飲できるので、お酒初心者の方はまず味わってお気に入りを見つけてみてください。特に日本ワインのブースでは、生産者の方が会場に来ていることが多いので、作られている地域の風土や作り手の思いなど、直接聞いてみると、よりおいしく感じられるはずですよ」と半田さん。
それでは、イベント注目のポイントをチェック!



〈TOKYO FAMILY RESTAURANT〉(左)ジン&トニック 林檎とアニス770円、(右)ジン&トニック 花とローズマリー770円
通も驚きの貴重なワインも登場する飲み比べBAR

バーコーナーでは各ショップがさまざまな飲み比べを提案。クラフトジンのラインナップに定評のあるセレクトショップ「TOKYO FAMIRY RESTAURANT」ではジンカクテルを提供。スパイスやフルーツ、エディブルフラワーなどを使ったジン&トニックは、見た目もフォトジェニック。
中には、通常グラスではなかなかできない飲み比べ体験も。アメリカ・カリフォルニアで最高峰といわれるワイナリー「キスラー・ヴィンヤーズ」の飲み比べはかなり貴重な機会。1本1万円を超える高級ワインのボトルをいきなり買うのは勇気がいるけれど、グラスで飲み比べできるのでこのチャンスを逃さないで。
また、英国でいちばん古いワイン商「BB&R(ベリー・ブラザーズ&ラッド)」が監修するワインバーも注目。英国王室御用達のイングリッシュスパークリングとシャンパーニュの飲み比べセットで優雅な気分に浸ってみては。



〈WAKAZE〉自家製酒粕のベーコン漬け焼き880円
話題の店がフードペアリングを提案するレストラン
イートインコーナーでは、三軒茶屋に醸造所併設のバルを構える「WAKAZE」から、オシャレなSAKEとそれに合うお料理を提供。自家製の酒粕に漬け込んで香ばしく焼上げたベーコンは、日本酒をつくる素材から造られた酒粕とお酒だから相性バツグン。自家製のどぶろくをたっぷり使った八丁味噌入りのカレーも楽しみ。
また、北海道から熊本まで日本各地の風土を生かして作られたチーズを盛り合わせにした「日本のナチュラルチーズプレート」は必食。日本ワインの品ぞろえが豊富な大阪発「日本のワインと食材 フジマル食堂」の提案するワインとのペアリングを楽しんで。



ナチュラルワインは過去最大級の品揃え。オレンジワインにも注目
ビオワイン、オーガニックワインなどとも呼ばれる自然派ワインも過去最大級の品ぞろえ。特に、近年日本でも作られて注目を浴びているオレンジワインはますます人気の予感。白ワイン用のブドウを赤ワインと同じ製法で皮や種ごと発酵させて作るため、オレンジ色をしているのが特徴。
大きな甕を地中に埋めて自然の涼しさで発酵させる、ジョージアの伝統的な醸造方法で造られたオレンジワインをはじめ、世界各国のオレンジワインがラインナップ。ミネラル感や爽やかな香りがありながら深みやタンニンもあり、白ワインと赤ワインのいいとこどりの味わいは、どんな料理にもぴったり。
オレンジワイン未体験の人は、バリエーション豊かに揃うこの機会に1本チャレンジしてみては。



個性的なラベルも勢揃い。ワイン初心者は“ジャケ買い”もあり
ホームパーティの手土産やギフトとしても喜ばれるワインは、見た目も大事。ワインのエチケット(ラベル)のデザインを見ているだけでも楽しくなってくるはず。例えば東京御徒町にあるワイナリー、ブックロード(葡蔵人)のワインのエチケットは、グラスの上にドーンとそれに合う料理や食材が描かれたユニークなデザイン。
また、日本酒「ぎんの雫 Goutte d’Argent」は『神の雫』原作者の亜樹直さんが名称やラベルデザインのコンセプトを手掛けたスタイリッシュなボトル。世界的に有名な醸造家が、日本酒の酵母を使って作り上げた超低温発酵の白ワインは、魚介や寿司に相性バツグン。

“ジャケ買い”しても失敗しないワインが揃っているので、飲んだことのないワインにチャレンジしてみるのも楽しそう。ぜひ会場に足を運んで、飲んで、食べて、買ってワインやお酒の楽しさを存分に体験して。


このニュースに関するつぶやき

  • ��(���󥰥饹)�ؤ�OK https://mixi.at/a3rIxi7
    • イイネ!1
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定