ホーム > mixiニュース > 社会 > 料理家・城戸崎愛さんが死去

料理家・城戸崎愛さん死去 「きょうの料理」に出演

127

2020年02月14日 08:25  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真城戸崎愛さん
城戸崎愛さん

 NHK「きょうの料理」や雑誌などで活躍した料理家の城戸崎愛(きどさき・あい)さんが13日、急性心不全で死去した。94歳だった。葬儀は親族で行う。喪主はおい森田英太郎(もりた・えいたろう)さん。


 兵庫県生まれ。東京会館クッキングスクールやフランス・パリの料理学校「ル・コルドン・ブルー」で料理を学んだ。30歳のときに子宮がんの手術を受け、病院食に飽きて作ったフレンチトーストが評判になり、退院後に医師や看護師に料理を教え始めたことがきっかけで料理家の道に進んだ。


 料理の初心者に向けたレシピを得意とし、「ラブおばさん」の愛称で親しまれた。結核や糖尿病など度重なる闘病を経て「食べることは生きること」を口癖に、90代になっても「食は生きる力 91歳、現役料理家の命のレシピ」を出版するなどして活躍した。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • non-noのお料理本の和食といえば鈴木登紀子さん、洋食といえば城戸崎愛さん。ラブおばさんどうぞ安らかに…(/_;) 不謹慎だけどバレンタインデーの訃報は似合っていて素敵。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 子宮がんも、結核も、糖尿病も、94年間”食べることで生き”伸びてこられたのですね。医食同源かぁ。お疲れさまでした。安らかにお休みください。
    • イイネ!75
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(61件)

あなたにおすすめ

ニュース設定