ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 妊娠高血圧症候群は心疾患リスクを高める

妊娠高血圧症候群は心疾患リスクを高める

0

2020年02月17日 03:01  妊活・卵活ニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

妊活・卵活ニュース

写真写真

妊娠高血圧症候群による健康リスク
ラトガース大学の研究チームは、「Journal of Women's Health」にて、初めての妊娠にて、子癇前症を含む妊娠高血圧症候群になった女性は、心臓発作あるいは心血管死リスクが増加すると発表した。

世界的に約2%から8%の妊婦が子癇前症と診断される。子癇前症は、妊娠中の高血圧を特徴とする疾患である。子癇前症を発症した女性は、妊娠前の血圧は標準範囲であるものの、妊娠20週目以降に高血圧となる。

子癇前症の要因としては、胎盤血管の形成・発達が未熟および不十分であることが挙げられるが、要因の特定は難しいといわれる。

子癇前症が循環器疾患に与える影響
研究チームは、1999年から2013年に掛けて、米ニュージャージー州の医療機関にて子癇前症と診断された女性6360人(18〜54歳)を対象に、子癇前症が循環器疾患に与える影響を分析した。

被験者は循環器疾患をもち、初めての妊娠であった。15年間に亘る調査期間を通して、子癇前症と診断された女性は、子癇前症でない女性と比べ、心臓発作および心血管死リスクが4倍、他要因による死亡率は2倍であった。

研究チームは、子癇前症と診断された女性に慢性的な高血圧、糖尿病、腎臓疾患などの病歴がある傾向が認められたと報告する。低用量アスピリンの服用は血圧降下に効果的であり、妊娠中期に入る前に低用量アスピリンを服用することにより血圧は降下できると説明する。

(画像はプレスリリースより)

RUTGERS TODAY

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定