ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 超能力に目覚めた女子高生が“普通”の学校生活を目指す Netflix『ノット・オーケー』予告編公開

超能力に目覚めた女子高生が“普通”の学校生活を目指す Netflix『ノット・オーケー』予告編公開

0

2020年02月18日 12:02  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真Netflixオリジナルシリーズ『ノット・オーケー』 2月26日(水)より独占配信開始
Netflixオリジナルシリーズ『ノット・オーケー』 2月26日(水)より独占配信開始

 2月26日より全世界独身配信されるNetflixオリジナルシリーズ『ノット・オーケー』の予告編が公開された。


参考:動画はこちらから


 本作は、『ストレンジャー・シングス』のショーン・レヴィが製作総指揮、『このサイテーな世界の終わり』を手がけたジョナサン・エントウィッスルが監督を務める青春ドラマ。


 17才の女子高生・シドニーは、父親の死によって変わってしまった家族関係、学校では恋や友情、性の目覚めなど、青春時代に誰しもが経験するような問題に悩みながら、退屈でモヤモヤする毎日を送っていた。そんなある日、彼女の中にあった“普通じゃない”スーパーパワーがなぜか突然覚醒。さらに彼女を取りまく個性的な友人、クラスメートたちを巻き込みながら、事態は思いもよらない方向へ展開していくことに。果たしてシドニーは積み重なる苦難から無事解放され、“普通”の学校生活を送ることはできるのか。


 主人公のシドニーを演じるのは、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ではペニーワイズと対峙する“ルーザーズ・クラブ”の紅一点ベバリーを演じたソフィア・リリス。さらに、変わった友人・スタンリー役で、ソフィアと同じく『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』に出演したワイアット・オレフが出演。そのほか、人気ドラマシリーズ『グッド・ワイフ』のソフィア・ブライアントやリチャード・エリスらが脇を固める。


 公開された予告編は、全身血まみれのシドニーが全力疾走で何かから逃げるシーンからスタート。シドニーが自分の手を触れず物を動かすことができる超能力に目覚めるシーンや、親友・ティナや、ナルシストなスタンリーとの様子が描かれている。 (文=リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定