ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > WEC:チーム・プロジェクト1の57号車ポルシェがウインズカラーに。アメリカ2連戦で採用予定

WEC:チーム・プロジェクト1の57号車ポルシェがウインズカラーに。アメリカ2連戦で採用予定

0

2020年02月21日 12:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ウインズカラーにカラーリングが変更されたチーム・プロジェクト1の57号車ポルシェ911 RSR
ウインズカラーにカラーリングが変更されたチーム・プロジェクト1の57号車ポルシェ911 RSR
 2月20日、WEC世界耐久選手権に参戦しているチーム・プロジェクト1は、LM-GTE Amクラスに投じている57号車ポルシェ911 RSRを同シリーズの2ラウンドでスペシャルカラーにすると発表し、ウインズ(Wynn's)を象徴する色彩を用いた新しいカラーリングを公開した。

 ウインズは創業から80年を超える老舗自動車添加剤メーカーのウイン・オイル社のブランド。1950年代からモータースポーツに進出してきたウインズは近年、アメリカの実業家でジェントルマンドライバーでもあるベン・キーティングの活動を支援してきた。
 
 そんなウインズが今週末、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われるWEC第5戦ローン・スター・ル・マンに挑むチーム・プロジェクト1を後援することになり、キーティングとイェルーン・ブリークモレン、フェリペ・フラガが乗り込む57号車ポルシェは、同ブランドのオフィシャルカラーであるパープルを基調としたカラーリングをまとってGTE Amクラスを戦うことになった。

 1980年代にホッチキス・レーシングのポルシェ962で有名になったこのカラーリングは2019年、キーティングが参戦したIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTDクラスに投入されたメルセデスAMG GT3で復活を果たしている。
 
 また、キーティング、ブリークモレン、フラガ組で挑んだ同年のル・マン24時間レースではGTE Amクラストップでチェッカーを受けるも、車両規定違反によってレース後に失格裁定を受けたフォードGTにも同様のカラーリングが施されていた。

 現在、チーム・プロジェクト1は週末のレースと、3月に行われるWEC第6戦セブリング1000マイルの“アメリカ2連戦”でこのウインズカラーを用いると発表しているが、Sportscar365は2019/20年シーズン最終戦として行われる今年のル・マンでも同ブランドのリバリーが使われる可能性があることを理解している。

 前戦バーレーンでクラス優勝を飾ったキーティングとブリークモレンは、GTE Amクラスのランキングリーダーとしてオーナードライバーの母国凱旋ラウンドに臨む。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定