ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『シロクロ』第7話先行カット公開 門田殺害、バンガロー放火、コアラ男誘拐の謎が明らかに

『シロクロ』第7話先行カット公開 門田殺害、バンガロー放火、コアラ男誘拐の謎が明らかに

0

2020年02月22日 08:02  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(c)読売テレビ
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(c)読売テレビ

 読売テレビ・日本テレビ系にて毎週日曜22時30分より放送中のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。2月23日放送の第7話の先行カットが公開された。


参考:【写真】山口紗弥加の意味深な表情


 清野菜名と横浜流星がW主演を務める本作は、忖度や圧力にあふれているグレーな現代、闇に隠された真実を華麗に暴く、令和の最凶バディの活躍を描くオリジナルドラマ。清野が、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”を演じ、横浜が、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”でもある森島直輝を演じる。


 第7話では、第5話での門田先生(山崎樹範)殺害事件、リコが「レン」として生きるきっかけとなった10年前のバンガロー放火事件、直輝の父が殺されるきっかけとなった8年前の佐島あずさ(白石聖)がコアラ男に誘拐された事件の3つの謎が明らかになるという。さらに、レンの母である麻衣子(山口紗弥加)が大きな動きを見せる。 (文=リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定