化学調味料を使わない自然の味!ネパール人シェフが腕を振るう神戸市垂水区のインドカレー屋「ナワジョティ」

6

2020年02月24日 06:41  GOTRIP!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

GOTRIP!

写真写真

本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋がつくりだす美しい景観と開放的な空間を味わおうと、海外からも多くの旅行者が訪れる神戸市垂水区の舞子。

神戸市の西の方にあるこのエリアでは、都会的でおしゃれなイメージとはまた違う神戸の一面を楽しむことができ、特に夏場は海水浴客で大賑わいになります。

海岸沿いのおしゃれなカフェやレストランで舞子ならではの景色を眺めながら食事するのもいいですが、舞子に来たからぜひ味わいたいのが、本場のシェフが作るインドカレーです。

ネパールからはるばる日本へやって来た料理長のラムさんは、15歳の時から食に関わる仕事に携わり続けてきました。ネパールのほか、インドやカタール、ドバイで飲食関係の仕事に従事したのち来日し、舞子の閑静な住宅街でインドカレー屋「ナワジョティ」をオープンさせました。

ラム料理長のこだわりは、化学調味料を一切使わない、体に優しいカレーをお客様に提供することです。いまでこそインドカレーは日本人に馴染みのある食べ物となりましたが、彩りを美しく見せるために過剰な添加物が使われていることが多く、安心して食べることができるものが少ない、というラム料理長。

そんなラム料理長のカレーは、化学調味料やブイヨンを一切使いません。その代わりに、大量の玉ねぎで甘みを引き出し、野菜や牛乳、生クリームを贅沢に使います。水も一切使わないので、より濃厚な風味を楽しむことができます。

手始めに食べてみたいのが、ランチタイムに注文できるAセットです。

日替わりを含む数種類の中からカレーを選ぶことができ、辛さもお好みで調整できます。ライスと特大サイズのナン、自家製のサラダが付いて790円というかなりお手頃な価格で、ボリューム満点の体に優しいインドカレーに挑戦することができます。プラス100円でラッシーやチャイなどのドリンクをつけることもできますが、それでも1000円を切ります。

もう少しボリュームが欲しいなら、カレーが2種類選べるBセットや、ナンからはみでるほどのトロトロのチーズが美味しいチーズナンセットもおすすめです。ナンやカレーが食べきれないときはお持ち帰り用に包んでくれるのも、ラム料理長ならではのお客様に対する気遣いが感じられます。

普段味わうことができないインドならではの雰囲気の中で、料理長のこだわりが込められたインドカレーを食べてみてください。「ナワジョティ」のカレーを食べたら、「これが本来の自然の味なのか!」と感じずにはいられません。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 ナワジョティ
所在地 神戸市垂水区舞子坂4-1-7 舞子坂シティビル 1F
営業時間 ランチ&カフェタイム11:00〜15:00、ダイニングバータイム17:00〜22:30

このニュースに関するつぶやき

  • 化学調味料と言う名称は狗HKの創作で原料も石油とかでは無かったはずだが?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • こんなの食べる気にならない。
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ニュース設定