Mr.マリック、超魔術を種明かし 動画でコツを伝授「一度覚えればいつでもできます」

29

2020年02月25日 14:32  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真「ハンドパワー」「きてます」とMr.マリック
「ハンドパワー」「きてます」とMr.マリック
1980年代から1990年代に「超魔術師」として一大ブームを巻き起こしたMr.マリック。パフォーマンス中に彼が発する「きてます!」「ハンドパワー」などの言葉は流行語にもなった。そんなMr.マリックが動画にてマジックを披露し、その種明かしも公開している。誰もが真似できるように本人が丁寧にアドバイスも授けているのだ。

【この記事の動画を見る】

スマホで物件探しができる「OYO LIFE」のキャンペーンに起用されたMr.マリック。その番外編動画2本には、それぞれ超魔術とその種明かしが収められている。

その1本“名刺を使った新社会人向けの超魔術”は、何も書かれていない名刺がなんと手の中で印刷されていくマジックだ。まずMr.マリックは「名刺です。まだ新社会人ですから、まだ名刺が間に合っておりません。オモテもウラも真っ白です」と1枚の白紙のカードをくるくるとひっくり返して見せる。そして「今から一瞬で刷ってみたいと思います」と宣言すると、手の中から印刷された状態の名刺がすーっと現れるのだ。マリックは「『私、こういう者でございます』と言って名刺をお渡しすれば、インパクト絶大でございます」と言うが、この方法で名刺を渡された相手は驚いて、すぐに名前と顔を覚えてくれるに違いない。


この動画では続けて、マジシャンにとっては内緒にしたい種明かしも惜しみなく披露しているのが興味深い。この場合はまず片面印刷してあり、もう片面は何も書かれていない名刺を用意する。マリックは「どのようにしたら両面、白に見せるか、テクニックがあります」とそのテクニックを実演しながら解説。専門用語では「パドルムーブ」(ボートの櫂を漕ぐような動き)というそうで、「少し練習がいりますが、やってみてください」とマリックが、名刺の持ち方やその動きをゆっくり見せながら説明する。何回も丁寧に実演した後で「一度覚えれば、いつでもできます。新社会人の皆さん、頑張ってください」と呼びかける。新入社員だけでなく中堅社員やベテラン社員でもこのマジックを覚えて名刺を渡せば、話も弾んで初対面の相手と良いムードが作れそうだ。


もう1本の動画では、なんの変哲もないティッシュを丸めると、中からハート型のチョコレートがいくつも出てくる超魔術を覚えることができる。こちらはバレンタインデー向けのマジックだが、愛の告白のときにも使えそうだ。もちろんハート型のチョコレートを別の物に変えて応用することもできるだろう。

どちらの超魔術もコツを覚えて、動作が自然に見えるようになるまで練習が必要だ。Mr.マリックは「成功をお祈りします」とエールを送っている。





(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

このニュースに関するつぶやき

  • マリックといえば手力と謎の郵便局員くりまたすみ https://mixi.at/a3DKWTD
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • もう「手品のコツ」でよくない?
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

あなたにおすすめ

ニュース設定