ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 息子が木人椿を打つ姿を見守るドニー・イェン 『イップ・マン 完結』ポスター&場面写真公開

息子が木人椿を打つ姿を見守るドニー・イェン 『イップ・マン 完結』ポスター&場面写真公開

1

2020年02月27日 10:02  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.
(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

 5月8日公開の『イップマン』シリーズ最新作『イップ・マン 完結』より、本ポスタービジュアルと場面写真が公開された。


【写真】『イップ・マン 完結』場面写真


 本作は、ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる『イップマン』シリーズの最新作にして完結編。1964年、最愛の妻との死別後、イップ・マンは愛弟子ブルース・リーの招待を受け息子とともにサンフランシスコに渡った。しかし、リーが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれる。


 『イップ・マン』シリーズのウィルソン・イップが監督を務め、『イップ・マン外伝 マスターZ』ではメガホンを取ったユエン・ウーピンがアクション監督を務める。そして、川井憲次が音楽を担当する。


 公開された日本版の本ポスタービジュアルには、「さよなら、イップ・マン」のコピーとともに、ブルース・リーとの再会のため、息子の未来のため渡米したイップ・マンを表現するアメリカ合衆国の地図、舞台となるサンフランシスコを象徴するゴールデンゲートブリッジがデザインされている。


 また、場面写真には、『ドクター・ストレンジ』のスコット・アドキンス演じる凶悪なアメリカ海軍曹バートンや『SPL 狼たちの処刑台』のウー・ユエが演じる太極拳の達人ワンと闘うイップ・マンの姿、今回満を持して登場するチャン・クォックワン演じるブルース・リーのおなじみのポーズ、ブルース・リーの弟子を演じた台湾のアイドルグループF4のヴァネス・ウー、さらには前作『イップ・マン 継承』で逝去した妻の墓前にたたずむ場面や、最愛の息子が木人椿を打つ姿を見守るイップ・マンの表情を捉えたシーンなどが収められている。


 なお現在、公開劇場、メイジャーなどにて、ファンにとってはコレクターズ・アイテムとなる中国・香港公開時のオリジナルビジュアルのポストカード特典付きムビチケが発売中。特典は第1弾が2月7日から発売中で、第2弾が3月20日から数量限定で発売を予定しているとのこと。


(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定