ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 9月朝ドラ 新たな出演者を発表

杉咲花主演『おちょやん』トータス松本・宮澤エマ・篠原涼子ら朝ドラ初出演

48

2020年02月28日 14:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真NHK連続テレビ小説『おちょやん』(9月28日スタート)(左から)宮澤エマ、トータス松本、篠原涼子の朝ドラ初出演が決定
NHK連続テレビ小説『おちょやん』(9月28日スタート)(左から)宮澤エマ、トータス松本、篠原涼子の朝ドラ初出演が決定
 NHKは28日、女優の杉咲花がヒロインを務める、2020年度後期連続テレビ小説・第103作『おちょやん』(9月28日放送開始予定)の新たな出演者を発表した。ヒロインの父親役にトータス松本、継母役に宮澤エマ、奉公先の芝居茶屋の女将役に篠原涼子が配役され、それぞれ連続テレビ小説初出演を決めた。クランクインは4月を予定している。

【写真】『おちょやん』に出演するキャスト 一覧

 『おちょやん』は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった、ひとりの女性の物語。大阪の南河内の貧しい家に生まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀でお芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指していく。ヒロイン・竹井千代を杉咲が演じることは昨年10月に発表済み。

 千代の父・竹井テルヲ役のトータスは、昨年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』への出演も話題になったばかり。初出演の朝ドラでは、養鶏で生計を立てながらも、鶏の世話や家事も娘の千代にまかせっきりで、見えっ張りだが気が弱く、世渡り下手、なのに口は達者で女性にモテる…千代にとっては、憎みきれないトラブルメーカーであり続ける駄目な父親を演じる。

 その父・テルヲが連れてきた、千代の新しい母親となる竹井栗子を演じるのが、宮澤。料理屋の仲居をしていたところをテルヲに口説かれ、後妻に入るが、テルヲ以上に朝寝坊で、家事もしない。千代とは次第に対立していく役どころ。

 そんな不遇な千代が女中奉公することになる芝居茶屋「岡安」を取り仕切る女将・岡田シズを篠原が演じる。仕事には大変厳しいが、芝居の街「道頓堀」を深く愛している。千代を厳しくも温かく見守り、千代にとってもう一人の母親といえる存在となっていく。

 そして、のちに千代と結婚し、二人三脚で歩んでいくことになる喜劇界のプリンス・天海一平役には、成田凌を抜てき。一平は人気喜劇一座の座長、天海天海(あまみてんかい)の息子で、幼い頃から子役として、いやいや役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。

 このほか、芝居茶屋の主人・岡田宗助役に名倉潤。老舗の芝居茶屋「福富」 の女将で、シズとことあるごとに張り合う富川菊役にいしのようこ。喜劇界のアドリブ王・須賀廼家千之助(すがのやせんのすけ)役に星田英利。上方演劇界のドン・大山鶴蔵役に中村鴈治郎。千代の憧れの女優・高城百合子役に井川遥。千代の最初の師匠・山村千鳥役に若村麻由美の出演が発表された。

 今回発表された共演者について、杉咲は「私の演じさせていただく千代が劇中でお芝居の世界に魅了されていくように、すてきな共演者の皆さまとご一緒させていただける時間は、私の俳優人生においてもきっと刺激的で贅沢な、特別な時間になるのだろうなと、今から楽しみで仕方がありません。最後まで楽しい撮影現場になるように、そしてなにより素敵な作品をお届けできるように、皆さんと力を合わせて頑張ってまいりたいと思います」と、コメント。

 さらに、夫役に決まった成田は、ドラマ『学校のカイダン』(2015年、日本テレビ)や映画『弥生、三月-君を愛した30年-』(3月20日公開)などで共演しており、「千代にとって、生涯良くも悪くも、とてつもなく大きな存在になるであろう天海一平を演じられる成田さんとは今回で5回目の共演ということもあり、とても心強いです」と、話している。

このニュースに関するつぶやき

  • 金かけすぎ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 芝居茶屋の女将役を篠原涼子さんって楽しみですww
    • イイネ!20
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(28件)

あなたにおすすめ

ニュース設定