ホーム > mixiニュース > 社会 > 政府の景気判断「回復」消える

政府の景気判断「厳しい」 約7年ぶり「回復」消える

235

2020年03月26日 18:07  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真月例経済報告等に関する関係閣僚会議に臨む安倍晋三首相(中央)=2020年3月26日午後5時20分、首相官邸、岩下毅撮影
月例経済報告等に関する関係閣僚会議に臨む安倍晋三首相(中央)=2020年3月26日午後5時20分、首相官邸、岩下毅撮影

 政府は26日に公表した3月の月例経済報告で、景気判断を3カ月ぶりに引き下げ、「新型コロナウイルス感染症の影響により、足下で大幅に下押しされており、厳しい状況にある」との見方を示した。2013年7月から「回復」との文言を使い続けてきたが、6年9カ月ぶりに削除した。政府が「戦後最長の回復」と強調してきた景気は転換点を迎え、後退局面に入った可能性が強い。


 月例経済報告は景気に対する政府の公式見解。昨春以降、景気動向指数が「悪化」を示すなど景気後退の可能性を示す指標が次々出ても、総括判断は微修正にとどめ、「緩やかに回復している」との基本認識を維持してきた。しかし先月以降、新型コロナウイルスの感染拡大で個人消費などが急速に冷え込み、大幅な下方修正を余儀なくされた。「厳しい」という表現は、12年7月以来となる。


続きはこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 今がリーマンショック以上の状態だけど10%上げた後だから下げるつもりは無い。でもソレを、言われたら泣いちゃうかもなぁ…って面持ちかな(。
    • イイネ!2
    • コメント 1件
  • コロナに責任を押しつけられて良かったじゃないか
    • イイネ!97
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(172件)

あなたにおすすめ

ニュース設定