千葉雄大演じる光源氏、“ひも”なのに朝帰りし…『いいね!光源氏くん』第2話

0

2020年04月10日 06:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

千葉雄大が主演を務めるよるドラ『いいね!光源氏くん』(NK総合、毎週土曜23:30〜)の第2話「ひもなのに朝帰り?」が、4月11日に放送される。

同ドラマは、女性コミック誌で連載中の同名人気コミックを原作にした、奇想天外ながらゆる〜く笑える千年の時を越えた“イケメン”居候コメディ。「源氏物語」の中で、雅の世に生きていた平安貴族・光源氏(千葉)が、まったく世界観の違う現代に出現。あたりまえに見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだり……。

千年もの間、絶対的美男子として数多くの女性たちをトキめかせてきた光源氏を、地味で自分に自信がない今風のこじらせOL・沙織(伊藤沙莉)はひも同然のように自宅に住まわせる。はじめは違和感を覚えつつも、徐々に光源氏の存在に癒されていく沙織。そんな矢先、ふたりのもとに新たな源氏物語の登場人物、あの中将まで現れて……。千葉、伊藤をはじめ、桐山漣、入山杏奈、神尾楓珠、小手伸也らが出演する。

<第2話(第ニ絵巻)あらすじ>

沙織(伊藤)が会社に行ってる間に、妹の詩織(入山)が家にやって来て光源氏(千葉)と遭遇。光は驚愕するが、彼女が沙織の妹だとわかり、光は詩織に誘われて街に出かける。

仕事が終わるや否や速攻帰宅する沙織。光がいないので心配するが、詩織とともに帰ってきて2人のプリクラ写真を見せられて唖然。詩織に「恋人なの?」と聞かれ否定するが、同棲していることにかわりなく、ごまかす。

翌日、沙織は光の身の上を聞くと、源氏物語の主人公と全く同じことを言う。さらに、テレビ画面に映る女優が板に閉じ込められて可哀そうだと嘆く姿を見て、もしや本物の光源氏かもと思い始める。

それから平安貴族に現代の生活を教え込んでいたある日、光が夜中に出かけたまま朝帰りし、沙織は夜ばいを疑うが……。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定