江頭2:50、YouTuber活動に暗雲? チャンネル登録200万人突破も「引くわ」「ガッカリ」と不満噴出のワケ

1

2020年05月20日 17:32  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真江頭2:50公式YouTubeチャンネルより
江頭2:50公式YouTubeチャンネルより

 今年2月に「エガちゃんねる」を開設し、YouTuberデビューを果たしたお笑い芸人の江頭2:50。わずか9日でチャンネル登録者数100万人を突破し、ついに先月、登録者200万人を達成。好調ぶりが続くかと思いきや、早くもこの人気に陰りが出てきているという。

 きっかけは、4月30日に投稿された「スマホのメール&検索履歴&写真…抜き打ちチェックしたら激ヤバ!」という動画。江頭のスマートフォンをスタッフが抜き打ちチェックするといった内容で、YouTubeでTKO・木下隆行に関連する動画を閲覧していたことが発覚。2人はお互いに連絡先を知っているといい、江頭は「あいつ、『エガちゃんねる』の大ファンだから」「『最高です、勉強になります』って(メールがくる)」と、木下との交流を明かしていた。

「動画内で江頭は、木下とリアルタイムでメールをやりとりしたり、ツーショット写真を公開したりしていました。すると、この動画のコメント欄に『うわ、木下かよ……引くわ』『木下とだけは絡んでほしくなかった』『なんで木下の話題出すの? やめたほうがいい』と、批判の声が続出したんです。木下といえば昨年、後輩への“パワハラ疑惑”が取り沙汰され、今年3月に松竹芸能を退所。その後、YouTuberとして活動を始めたものの、投稿するすべての動画で“低評価”が“高評価”を上回るという嫌われぶりです。普段は低評価が少ない『エガちゃんねる』ですが、この動画には約6,200件の低評価がついており、過去最高の数字になっています」(芸能ライター)

 さらに、江頭が5月9日に行ったゲーム実況生配信も、視聴者から大不評だったという。

「江頭は初めてゲーム実況の生配信に挑戦し、話題作『ファイナルファンタジーVII リメイク』をプレイしていました。江頭はもともと、同作のオリジナル版『ファイナルファンタジーVII』の大ファンだと公言していたのですが、いざ配信が始まると、登場するキャラクターの名前が言えなかったり、まともに操作できなかったりと、視聴者がイライラするような展開が続いたんです。さらに、スタッフがプレイに口を挟む場面も多々見られ、いつしか江頭はほぼ無言に。コメントでは『本当にファンなの?』『楽しみにしてただけにガッカリ』『スタッフがうるさすぎ!』と苦言が続出し、配信開始時に4万人ほどいた視聴者が2万人まで減っていましたね」(ゲームライター)

 「エガちゃんねる」の公式Twitterは12日、「段取りも悪く、役割分担も明確にせず、グダグダな内容にもなってしまいました」と“反省文”を投稿。生配信の動画を削除したとも報告している。

 チャンネル開設当初、数百万回の再生数を連発していた「エガちゃんねる」だが、ここ最近は100万回に満たない動画が増えている。江頭はこの危機的状況をどのように乗り越えるのだろうか?

このニュースに関するつぶやき

  • あのゲーム生配信は失敗だったけど…。色々やって欲しいな どんな動画でも楽しみに待ってます。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定