「ミニチュアやCGより安い」とジャンボジェット機爆破

0

2020年05月29日 04:50  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
クリストファー・ノーラン監督最新作「TENET テネット」の撮影で、実際のジャンボジェット機が爆破されていたようだ。ノーラン監督は、特殊技術を駆使するよりも、実物を購入したほうが「より効果的」であるという決断に至ったのだと説明している。

その他の大きな画像はこちら



トータル・フィルム誌のインタビューでノーランはこう話している。

「ミニチュアや設営されたセットを使い、特殊効果などを組み合わせるつもりでした」

しかし、製作チームがカリフォルニア州内のロケ地を探している際、使われていない旅客機があることを知ったため、実物を使うというアイデアが浮かんだという。

「計算してみたら、ミニチュアを作ったりCGを使うよりも、実物大である本物の飛行機を使って、そのシーンをカメラの前でやった方が、効率的であることが明らかになった」
「こう言うのもなんだけど、衝動買いみたいなものだったと思う」
「でも結果的には、上手くいった。特殊効果スーパーバイザーのスコット・フィッシャーとプロダクションデザイナーのネイサン・クロウリーが、この迫力シーンをカメラの前でどうやるか考えてくれた。すごくエキサイティングなことだったね」

そうノーランは説明している。

また、主演のロバート・パティンソンも、その大胆な行為には驚いたようで、「実物のボーイング747を爆発させるシーンをやることになるなんて、現実世界で誰も考えたことさえないよね」「バカみたいに大胆なことだ。撮影中、『1本の映画のためにこんなことするなんて、何度あることかな』って思っていたのを覚えている」と語っていた。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20200560077.html


    あなたにおすすめ

    ニュース設定