嵐、ネトフリドキュメンタリーで描かれる“2020年の4月” コロナ影響下でもファンファースト貫く

2

2020年05月29日 17:19  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真Netflixオリジナルドキュメンタリー『ARASHI's Diary -Voyage-』より第9話「2020年4月」
Netflixオリジナルドキュメンタリー『ARASHI's Diary -Voyage-』より第9話「2020年4月」
 人気グループ・嵐の素顔を追ったNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』第9話が6月5日より日本先行で独占配信される。『2020年4月』のタイトルで送る今話は嵐の最新1ヶ月の記録が描かれる。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、様々なイベントが中止されるなか、それでもファンを想い、行動する5人の姿、その胸の内に迫る。このほど、第9話の場面写真も解禁された。

嵐のTV出演情報

 2020年4月7日。東京都をはじめとする7都府県に、緊急事態宣言が発令された。その前日。4月6日の時点ですでに、より一層の自粛生活を余儀なくされるファンの心中に思いを馳せ、「今、自分たちに出来ることは何か?」を模索、話し合う5人の姿があった。

 2011年、東日本大震災の復興支援としてスタートし、2019年まで9年にわたり開催し続けてきたチャリティーイベント『嵐のワクワク学校』の“オンライン開校”。長引くステイホームに、ストレスを抱えているであろう子どもたちと、その親御さんへ向けた、嵐発案企画『リモート紙芝居』など、この状況を乗りきる一助にと願い、より広い視野でファンの不安や気持ちに寄り添ったコンテンツの配信をいち早く決定した。

 それらを迅速に届けたいと、連日スタッフたちとのリモート会議を重ねていく5人。スピード感を重視しながら、チーム嵐一丸となり取り組む収録の日々。そして、メンバーそれぞれの自宅から、文字通り“すっぴん”で語る今の思い…。

  4月の中国・北京公演の中止、5月の『アラフェス2020』の延期、スペシャルナビゲーターを務める7月からの東京オリンピック・パラリンピックの延期…嵐としても、かなり厳しい決断を下さなければならなかったこの時期。その悔しさと無念を滲ませながらも、今この時、出来うる限りのことに全力で取り組み、ファンファーストを貫いた彼ららしさとは。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定