三太郎シリーズ、初のアニメCM 松田翔太「声のみの演技は久しぶりで新鮮」

111

2020年06月03日 00:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『au PAY』三太郎シリーズ初のアニメーションCM「たぬきの正体」篇
『au PAY』三太郎シリーズ初のアニメーションCM「たぬきの正体」篇
 俳優の松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎に扮するau「三太郎シリーズ」が史上初のアニメーションCMとなり、きょう3日より「たぬきの正体」篇が全国で放映開始される。おなじみの三太郎に加えて、大黒天(荒川良々)がアニメーション化され、キャラクターの声優を本人たちが務める。コロナウイルスの影響をうけ、直接のやり取りはかなわなかったが、そんななかで作りあげられた阿吽(あうん)の呼吸は必見。

【動画】さすが息ピッタリ!初めてアニメ化された三太郎CMシリーズ

 本CMは、大黒天が実はたぬきだったのではないかと謎が生まれるストーリー。桃太郎の家の縁側でひと時を過ごし別れようとした際、大黒天のお尻からしっぽが生えているのに気づいた金太郎がそれを引っ張ると「痛いポン!」「ポーン!」と大黒天が叫び、煙に包まれる。煙が消えると1匹のたぬきが現れるというストーリーになっている。

 今回はコロナウイルスの影響により、直接的な接触を防ぐため、それぞれ別の収録ブースからリモートにて声の収録が行われた。久しぶりの会話では、STAY HOME中の過ごし方を話し、その内容に笑い合う場面もあった。初めて見るアニメ化した三太郎の絵に驚く様子もありながら、撮影では声のみの演技のため、いつも以上に丁寧に言い方を変えたりと、何度もやりとりを重ねていく中でベストな表現を探していた。

■松田翔太のコメント
今回、三太郎CM5年の歴史ではじめてのアニメCMができあがりました。声のみの演技は久しぶりだったので、新鮮な気持ちで挑めました。最近は、僕もおうち時間を過ごしていて、普段気にかけない家の細かいところを徹底的に掃除することにハマっています。みなさん大変な日々が続きますが、三太郎CMを見て少しでも元気になってもらえたらうれしいです。一緒に頑張りましょう!

■桐谷健太のコメント
普段とは違って顔を見れず声だけでの掛け合いだったので、難しさもありましたが、新鮮でした。自宅にいる時間が多くなりましたが、何もしない時間も大切にしています。少しずつ落ち着いてきてはいますが、気を抜かずしっかり対策をして 頑張っていきましょう!

■浜田岳のコメント
今回のアニメCMでは、普通のアニメとは違ってスクリーンの中にいるのは、普段自分自身が演じているキャラクターということもあり、少し不思議な感覚になりました。自宅では台本を読み込んだり、筋トレしたり、などおうち時間を満喫しています。ストレスがたまる頃だと思いますが笑ったりして発散させながら乗り越えましょう!


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 土門からサヨナラ満塁弾を打った微笑三太郎はシブかった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • こんな事やらなくていいから料金下げて貰いたい。AU、もう14年以上使ってるけど、こんな下らない事にカネ使うなら。。。アタマにくる(まあ、他社も同じようなもんだが)
    • イイネ!65
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(59件)

あなたにおすすめ

ニュース設定