レジーナ・キングが熱烈オファーの詳細を明かす 『ウォッチメン』特典映像の一部公開

0

2020年06月04日 10:51  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and (c)DC. (c)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. (c)2020 Home Box Office, Inc.
WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and (c)DC. (c)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. (c)2020 Home Box Office, Inc.

 現在発売中のHBO製作のSFアクションドラマ『ウォッチメン<シーズン1>』のBlu-ray&DVDより、特典映像の一部が公開された。


 本作は、スーパーヒーローが存在するもうひとつの現代のアメリカを舞台に、主人公の黒衣を身に纏った女性スーパーヒーローや、様々なマスクを被ったヒーロー、悪役たちが登場し、その苦悩と戦いを描くSFアクションドラマ。


 主演を務めるのは、第91回アカデミー賞で助演女優賞を受賞した『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キング。共演には、『運命の逆転』のジェレミー・アイアンズ、『愛と青春の旅立ち』のルイス・ゴセット・Jr.らが名を連ねる。また、TVシリーズ『特捜刑事マイアミ・バイス』『刑事ナッシュ・ブリッジス』のドン・ジョンソン、『アクアマン』出演のヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、TVシリーズ『スリーピー・ホロウ』のトム・マイソンらも出演する。


 『ゲーム・オブ・スローンズ』や『チェルノブイリ』のHBOが製作、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『ワールド・ウォーZ』で脚本を務めたデイモン・リンデロフが製作総指揮に名を連ねた。


 この度公開されたのは、Blu-ray&DVDに収録される特典映像のうち、2019年に開催されたNYコミコンでのパネルトークの一部。キングが、本作の主人公役を引き受けた際のエピソードを明かしており、撮影舞台裏トークも収められている。


【動画】『ウォッチメン』特典映像


 アンジェラ役で主演を務めたキングは、「普通は事務所を介して脚本が届くものなんだけど、私の家に脚本と手紙が直接送られてきた」と言い、“とても大切な作品で、この役には君以外考えられない”と書かれたリンデロフの手紙を読み、脚本を手にする前に、この役を引き受けようと心が決まったという。脚本を読み始めたキングは、この作品の世界観、アンジェラという役柄の複雑さや魅力に圧倒されたと明かす。


 また、脚本には“ある封筒”が挟まれていたらしく、そこにはリンデロフから“脚本を読んでから見てくれ、ズルはするな”と書かれていたそうで、「完全に先を読まれていたわ」と笑顔を見せ、脚本を読み終えた後、その中身を見て思わず喜びの声を上げたとキングは語っている。なお、このトークでは、オスカー俳優であるアイアンズやゴセット・Jr.ら豪華キャスト陣が、本作に参加するに至った経緯や撮影舞台裏について赤裸々に語っている。


 その他にも、約100分にのぼる映像特典が収録されており、原作者デイブ・ギボンズが”シスター・ナイト”を作画している貴重映像や、劇中にも度々登場する“ルッキングラスの地下室”などのスタジオツアー、ストーリーの鍵となる“イカの雨”を創り上げたVFXについてのトークが特典映像に収録されている。


(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定