嵐 櫻井翔、“アニキ会”フルメンバーが揃うことは少ない? 「街を全員で歩くと『クローズZERO』」

5

2020年06月05日 06:01  リアルサウンド

  • 限定公開( 5 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真嵐

 嵐・櫻井翔と有吉弘行がMCを務めるバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)6月4日放送回に、“櫻井企画”第3弾として、櫻井を慕う後輩のKAT-TUN・上田竜也、NEWS・増田貴久、Sexy Zone・菊池風磨がゲスト出演した。


(関連:『VS嵐』人気企画「BABA嵐」、“アニキ会”KAT-TUN 上田竜也登場 相葉雅紀に続く“最弱王”は?


 今回出演した3人は、以前番組で「櫻井を慕う後輩グループ」として櫻井自身が紹介していた“アニキ会”のメンバー。上田、増田、菊池の他に、Kis-My-Ft2・千賀健永、藤ヶ谷太輔、ジャニーズWEST・中間淳太の6人で構成されている。会が設立されたきっかけは、Kis-My-Ft2のコンサート終わりに開いた食事会だが、櫻井によると今は「街を全員で歩くと『クローズZERO』みたいな感じになる。目立つからフルメンバーで(食事をすることは)あまりない」という。メンバーにはそれぞれ役割があり、千賀はムードメーカー、藤ヶ谷はまとめ役として活躍していると番組で説明された。中でも、上田は“若頭”として櫻井のボディーガードを担当。逆に会の“知力”として存在する菊池とは意見がぶつかる時もあるようで、櫻井の誕生日に、菊池が会のグループラインで櫻井に「アニキの幸せを僕たちに分けて僕たちを幸せにしてください」とメッセージを送ると、上田はすぐさま「俺らの幸せじゃなくてアニキの幸せを願うもんだろ」と対抗。しかし、菊池が「僕たちが幸せになることがアニキの幸せです」と言い返すと、「お前、いいこと言うなぁ」と上田は納得したといい、このやりとりを櫻井は「好きなんだよね」とほのぼの語った。


 現在はA.B.C-Z・塚田僚一や美 少年・那須雄登などアニキ会の入会希望者もいるようだが、那須は上田が怖くて言い出せないという。さらに、塚田が「飲み会の場として家を提供、手料理を振る舞う、運転手から写真撮影係までなんでもやります」と自分が入会することのメリットをアピールしたが、「下心がある時点でダメ」と上田は突っぱねた。このように現在は上田が若頭として会を仕切っているが、今回番組の企画では1位になると若頭の座につける“櫻井アニキカルトクイズ”に挑戦。2008年から2013年まで放送されていた嵐の冠番組『ひみつの嵐ちゃん!』で行われた企画「マネキンファイブ」や、櫻井が出演したドラマ『天国に一番近い男』『木更津キャッツアイ』、さらにデビュー直前に雑誌『POTATO』で答えたインタビューなど、櫻井の歴史から問題が出題された。しかし、なかなか正解を出せない3人。しまいには、菊池が「有吉が櫻井につけたあだ名は?」という問題に“インテリへそぴ”と答えて櫻井をいじった。


 結果は全員2点で同点に。そのため、“櫻井アニキの魅力を伝えるプレゼン”対決で決着をつけることになった。「今を生きてるアニキが好きなんだよ」という現在の若頭・上田は、櫻井の魅力を伝えるためにTV初だしのかっこよすぎるサプライズ映像を紹介。それは、KAT-TUNが2019年8月に開催した『LIVE TOUR 2019 IGNITE』で上田がソロ曲「百花繚乱」を披露していた時のこと。恒例となっているファンとのタイマンラップバトルのため、上田が観客の中から対戦相手を探していると、櫻井がサプライズでステージに参戦。会場に歓声が鳴り響く中、櫻井は上田とラップバトルを行った。当時のことを「(覚えるの)めちゃめちゃ大変だったんですよ」と振り返る櫻井は、KAT-TUNのファンを喜ばせるために本番30分前から練習していたという。


 また、菊池は「謎の覆面を被った写真を送ってくる」と櫻井の不思議な一面を暴露。理由を聞かれた櫻井が「僕の友達がマスク2枚つけて行くね、と言ってデリバリーを届けてくれた。だから僕もマスクを2枚つけた」と説明すると、菊池はわざとらしく「面白いっすね」と櫻井を持ち上げる。さらに、菊池は「ワンラリーが大事」と、後輩だからといって櫻井がしてくれることにしつこく遠慮をしないという暗黙のルールを紹介。“知力”を活かした菊池のアピールに上田は「こいつ危ないんすよ!」と、菊池の下克上を懸念する。しかし結果、次期若頭は暫定的に上田で固定された。


 次回は6月11日放送。今週から引き続き出演する上田竜也に加えて、指原莉乃、フワちゃんが夜会に登場する予定だ。(苫とり子)


    ニュース設定