第57回ギャラクシー賞大賞が決定 『俺の話は長い』は優秀賞3作品に選出

8

2020年07月02日 15:31  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真第57回ギャラクシー賞大賞『俺の話は長い』が決定
第57回ギャラクシー賞大賞『俺の話は長い』が決定
 放送批評懇談会が選定する第57回ギャラクシー賞が2日、公式YouTubeチャンネルで発表された。日本の放送文化の質的な向上を願い、テレビ・ラジオの番組、関係者に贈られる同賞。テレビ部門大賞としてテレビ信州によるチャンネル4『カネのない宇宙人 閉鎖危機に揺れる野辺山観測所』に決定した。

『俺の話は長い』脚本・金子茂樹氏の作品一覧

 閉鎖の危機に直面する野辺山宇宙電波観測所の1年に密着。経済的利益を重視する国からの交付金が減り、予算増額のために軍事技術の研究が求められてしまう。日本における基礎研究の現状と課題を浮き彫りにした。

 出田幸彦委員長は選考にあたって印象に残ったこととして「ローカル局の作品に力作が大変多かった。自分たちの身近で起こっている出来事に着目して行政の歪み、制度の矛盾、そういった日本全体で起こっている普遍的な問題を鋭くあぶり出している。大賞作品も製作者の鋭いまなざし、熱い想いが強く伝わってきます」とコメントした。

 また、優秀賞にはNHKスペシャル『日本人と天皇』(日本放送協会)、『ウルトラハイパーハードボイルドグルメリポート』(テレビ東京)、生田斗真主演連続ドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ放送網・オフィスクレッシェンド)が受賞。

 『俺の話は長い』は屁理屈を武器に実家に居座る31歳ニートと、ワケあって転がり込んできた姉一家の3ヶ月の共同生活を描く。30分2本立ての挑戦に、テンポのいい会話劇がはまったホームドラマとして評された。

 テレビ部門では毎月の選考会での月間賞の48本、各社からのエントリーを受付けた321本のなかから14本が入賞(以下にて記載)。なお今年は、新型コロナウイルス感染症の影響により贈賞式開催を延期し、公式YouTubeチャンネルでの発表となった。

■テレビ部門入賞作品
NNNドキュメント’19『防衛大学校の闇 連鎖した暴力…なぜ』(日本テレビ放送網)
NHKスペシャル『日本人と天皇』(日本放送協会)
福井テレビ開局50周年記念番組『聖職のゆくえ〜働き方改革元年
〜』(福井テレビジョン放送)
ノーナレ『画面の向こうから―』(日本放送協会)
『ウルトラハイパーハードボイルドグルメリポート』(テレビ東京)
ドラマイズム『スカム』(毎日放送・avex pictures・『スカム』製作委員会)
BS1スペシャル『バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春』(日本放送協会 日本電波ニュース社)
『モジモジWORLD〜ウソのようなフォントの話〜』(オプテージ(eo光テレビ))
チャンネル4『カネのない宇宙人 閉鎖危機に揺れる野辺山観測所』(テレビ信州)
『俺の話は長い』(日本テレビ放送網・オフィスクレッシェンド)
大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(日本放送協会)
NNNドキュメント’20『19 人を殺した君と重い障がいのある私の対話』(北日本放送)
BSNスペシャル『芸術の価値 舞踊家金森穣 16年の闘い』(新潟放送)
映像'20『復興五輪』の陰で東北は…』(毎日放送)

■テレビ部門特別賞
『ゲゲゲの鬼太郎』テレビアニメ化50周年記念・第6期(フジテレビジョン)

■テレビ部門個人賞
伊藤沙莉

■テレビ部門フロンティア賞
『神田伯山ティービィー』

■マイベストTV賞 第14回グランプリ
ドラマ24『きのう何食べた?』(テレビ東京・松竹『きのう何食べた?』製作委員会)

このニュースに関するつぶやき

  • 視聴率が奮わないことが話題の中心だった「いだてん」が賞を受けているのが、なんだか嬉しい…。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ラジオ部門とDJ・パーソナリティ部門も知りたかったのに(´・ω・`)
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ニュース設定