『銀座九劇アカデミア』がリニューアル “オンライン配信” 可能なエンタテインメント研究所に

0

2020年07月03日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真エンタテインメント研究所『銀座九劇アカデミア』がオンライン配信可能な研究所としてリニューアル
エンタテインメント研究所『銀座九劇アカデミア』がオンライン配信可能な研究所としてリニューアル
 大手芸能事務所・レプロエンタテインメントは3日、劇作家や演出家など、多数の演劇ワークショップを展開してきた、エンタテインメント研究所『座九劇アカデミア』を“オンライン配信”が可能な研究所としてリニューアルすることを発表した。

【写真】『銀座九劇アカデミア』内観

 『銀座九劇アカデミア』は、「人」と「情熱」と「エンタテインメント」が渦巻く劇場『浅草九劇』が基盤となり、2017年に誕生。エンタテインメントの未来に求められる「プロフェッショナル」を育成すべく、「自らの個性を磨き輝かせ、確固たる『個』として存在できる場所」、「自由に学び、表現し、創造することができる場所』として、多くの劇作家や演出家、受講者が利用してきた。

 そのほかにも、海外から、ニューヨークの演劇学校『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング』から主任講師を招聘し、本場の演劇ワークショップを開催。さらに、演劇以外にも、放送作家・倉本美津留氏を招き、お笑いワークショップ『お笑い相談所』など、演劇にとどまらず、多彩なラインナップを通して「プロフェッショナル」の育成に注力しきた。

 そこで、『銀座九劇アカデミア』では、今後も、上質なワークショップをより多くの皆様にお届けすべく、カメラ、スイッチャー、ディスプレイ等の機材を新たに導入し“オンライン配信”が可能なエンタテインメント研究所としてリニューアルすることが決定した。

 今後は、演劇だけでなく、映画監督や音楽プロデューサー、テレビプロデューサー、広告業界などで活躍するクリエイティブ・ディレクターといった、さまざまなジャンルで活躍する人たちによるワークショップを新たに追加し、エンタテインメントとしての「学びの場」を拡充していく。

 また、ワークショップだけでなく、著名人による対談やトークイベント、アーティストやクリエイターによる個展、番組配信など、新たなエンタテインメントも創出していく予定としている。

 今月15日からは、脚本家や演出家、映画監督としても活躍する三浦大輔氏の演技ワークショップを実施予定で、『銀座九劇アカデミア』での本参加に加え、ワークショップの模様をリアルタイムで体験することが可能な配信クラスも設置する。加えて、本ワークショップでは、2020年6月より“オンライン型演劇場”としてリニューアルした、劇場・浅草九劇を「発表の場」として設けており、銀座九劇アカデミアと浅草九劇を連動させた取り組みも実施する予定。

 なお、今月9日には、雑誌『PLEASE』編集長を務めるマガジニスト・北原徹氏と、多くの女優やモデルのスタイリングを手掛けるスタイリスト・長澤実香氏による対談トークセッションや、ヒットプロデューサー・浅田祐介氏が代表を務める作曲家集団のエニシング・ゴーズによる作曲ワークショップの配信も実施が決定している。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定