野党、候補乱立で及ばず=次期衆院選へ共闘構築急ぐ―都知事選

40

2020年07月06日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 5日の東京都知事選で野党各党は、小池百合子知事を突き崩すことができなかった。新型コロナウイルス対応で現職に有利に働いたことに加え、候補を一本化できず、力が分散したことも背景にあるとみられる。立憲民主党は今回の敗北を踏まえ、次期衆院選前の国民民主党などとの合流を含む野党共闘構築へ働き掛けを急ぐ方針だ。

 都知事選で立憲は統一候補の擁立に失敗。共産、社民と元日弁連会長を支援した。一方、国民民主は自主投票で、日本維新の会は元熊本県副知事を推薦。れいわ新選組代表の山本太郎氏も参戦するに至り、野党は候補乱立状態となった。

 選挙中、立憲の枝野幸男代表は共産、社民両党党首と共に何度も応援に入ったが及ばなかった。立憲の長妻昭選対委員長は5日夜、記者団に「野党がまとまれなかった。総選挙で一騎打ちの構造に持っていくために努力しなければいけない」と指摘。共産党の小池晃書記局長は「野党共闘のために何が必要かよく話し合いたい」と述べた。

 ただ、国民民主は一枚岩ではない。都知事選で平野博文幹事長は元日弁連会長支援に軸足を置いたが、前原誠司元外相は維新の推薦候補、馬淵澄夫元国土交通相は山本氏を支援。いずれも立憲以外との連携を模索する動きを見せた。

 前原氏は3日、立憲との合流に関し、記者団に「選挙が近いから集まりましょうというものに国民は期待しない」と語り、距離を置いた。山本氏は5日夜の記者会見で、今後の野党共闘について立憲が慎重な消費税減税に触れ「消費税5%が共通政策にならない限り単独でやる」と宣言した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 共闘とか言ってる間はそっぽ向かれるわよ。有権者はバカじゃないから。
    • イイネ!22
    • コメント 1件
  • 野党共闘、野党共闘って…なんかず〜っと言ってね〜か?この人達🤪 ププッ(〃゚艸゚〃)(ゥケル)🤪きっと次の衆院選でもできずに、この先ずっと言い続けそ〜🤪つまりず〜っと野党🤪
    • イイネ!57
    • コメント 14件

つぶやき一覧へ(37件)

あなたにおすすめ

ニュース設定