広瀬アリス、自粛中に心の片隅の“やりたいこと”実現 「進化した広瀬届けたい」

0

2020年07月07日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真AERA 2020年7月6日売り表紙に広瀬アリスさんが登場
AERA 2020年7月6日売り表紙に広瀬アリスさんが登場
 シリアスな役からコミカルな役まで、幅広い演技で人気を集める女優、広瀬アリスさんがAERAに登場。新型コロナウイルスによる自粛期間を経た今、心境の変化を語った。AERA 2020年7月13日号から。

【画像】広瀬アリスさんの妹・すずさんが飾ったAERA表紙はこちら!

*  *  *
 3月、花と緑があふれる都内の公園で撮影した。「グアムで撮ったみたい」と写真家の蜷川実花が言うと、口を大きく開け朗らかに笑った。6月、オンラインのインタビューでも、爽やかな風が吹き抜けるような大きな笑顔は健在だった。

 2008年に13歳で俳優デビュー。複雑な内面を抱えた役からコミカルな役まで、幅広く演じる。俳優としての転機は、17年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」だった。

「『これ以上出すものはない』と、何一つ心残りがなかった。やり切った、と思うことができた作品でした」

 物語の鍵を握る女性漫才師を演じた。毎日2、3時間は漫才の稽古を行い、多い時は8ページものせりふを口にした。舞台に立つと、お客さんが誰一人笑っていない。そんな夢を毎晩のように見て、精神的に追い込まれた。

「経験としてとても大きかった。以降は、どんなに寝られない現場でも『あの時の私はできたのだから、こんなの甘いよ』と言い聞かせ、乗り越えることができるようになりました。一度落ち込んだり、追い込まれたりした人って強いなと思いました。必ず糧になるな、と」

 新型コロナウイルスの影響による外出自粛期間中は、「仕事復帰後に身体が緩んでいるのは嫌」と、規則正しい生活を意識して体質改善などに励んだ。気になっていた映画をまとめて観るなど、心の片隅で思っていた「やりたい」を実現した。

「進化した広瀬をお届けできたら」

 画面上での別れ際、そうはっきりと口にして、晴れやかな笑顔を見せた。努力家で真っすぐ、飾らない人柄は画面を通しても伝わってきた。(ライター・古谷ゆう子)

※AERA 2020年7月13日号

    あなたにおすすめ

    ニュース設定