オートポリス、大雨の影響で7月8日は施設をクローズ。近隣の道路に土砂崩れ等も発生

1

2020年07月07日 23:41  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年のスーパーフォーミュラ第2戦オートポリスの様子
2019年のスーパーフォーミュラ第2戦オートポリスの様子
 大分県日田市にあるオートポリスは、7月7日付けで九州全体に大きな被害を及ぼしている大雨の影響で、オートポリス近辺の県道、国道に土砂崩れ等が発生し、走行できない箇所があるため、7月8日は施設をクローズすると発表している。

 オートポリスは、大分県日田市の熊本県近くにあるサーキット。2020年はスーパーGTの開催こそ行われないものの、全日本スーパーフォーミュラ選手権やピレリスーパー耐久シリーズの開催が予定されているほか、九州のモータースポーツファンにとってはメッカとも言える存在だ。。

 そんなオートポリスだが、九州で大きな被害が出ている大雨の影響で、近隣の県道、国道が大雨による土砂崩れ等が発生し、走れない箇所があるという。また、7月8日も天候の回復が見込めないことから、終日施設をクローズするという。

 オートポリス周辺では、日田市でも筑後川が氾濫するなど被害が出ている。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定