草なぎ剛が“母”の優しさを見せる… 映画『ミッドナイトスワン』ティザービジュアル解禁

2

2020年07月08日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『ミッドナイトスワン』ティザービジュアル(C)2020「MIDNIGHT  SWAN」FILM PARTNERS
映画『ミッドナイトスワン』ティザービジュアル(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS
 俳優の草なぎ剛がトランスジェンダー役で主演を務める映画『ミッドナイトスワン』(9月25日公開)のティザービジュアルが8日、解禁になった。

【場面カット】羽飾りを授ける優しさあふれるシーン

 本作は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら生きる凪沙(草なぎ)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描く「ラブストーリー」。

 ティザービジュアルは、薄暗い部屋の中で、豪華な衣装を背景に、うつむきなにか思う凪沙の姿が写し出されており、孤独ながらも一果の“母”として優しさが見える。あわせて解禁された場面写真は、凪沙が大切にしていた白鳥の羽飾りを一果に授ける、彼女の優しさがあふれるシーンとなっている。

 また、劇場版公開に先立ち、きょう同名の小説が発売。本作のメガホンをとった内田英治監督が初めて小説を執筆した。内田監督は「試行錯誤の連続でしたが、本当に書いてよかったと思っています。映画では描かれていない、凪沙の恋の話や、一果に対する心の声、さらには一果がなぜバレエに夢を抱くようになったのか など、新エピソードを交えております」とコメントを寄せた。

このニュースに関するつぶやき

  • 読みたくなった
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定