安藤優子に事実上のクビ宣告! それでもフジテレビの“視聴率回復”は期待薄の現状

2

2020年07月11日 13:03  日刊サイゾー

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真フジテレビ公式サイトより
フジテレビ公式サイトより

 情報番組『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)が今年9月末で打ち切られ、前枠の『バイキング』を3時間番組に大型化させることが判明した。

『グッディ!』は長年、フジテレビ系の報道番組でキャスターを務めた安藤優子氏がメインMCを務めている。フジテレビ関係者はこう語る。

「後続番組を含め、レギュラー出演するといった情報は今のところありません。ギャラも高かったがフジテレビの功労者のため、数字が低迷してもなかなか切れなかった。海外取材では持ち前の語学力を生かしていたが、やはりロートル感は否めませんでした」

 裏番組の『ゴゴスマ』(TBS系)、『ミヤネ屋』(日本テレビ系)はいずれも名古屋、大阪の放送局が制作しており「『グッディ!』だけは唯一、在京キー局の制作。何とか守り切ってほしかったのですが……」(別のフジテレビ関係者)との声も漏れてくる。

 だが、コロナ禍による減収はフジテレビも例外ではない。

「視聴率の民放4位がすっかり板についてしまい、CM単価も低いまま。制作費を含めてどこかを削らないといけない状況だった」(同)というが、後を継ぐのが坂上忍というところに懐疑的な目を向ける関係者は多い。

「秋以降、制作はバラエティー班から報道メインの情報班に引き継がれるが、このカラーに坂上が染まれるのか。今の番組のように好き勝手に発言ばかりしていたら、今度は“失言”となって捉えられ、一気に問題にもなります。営業サイドもクセの強い番組ですからCMセールスをかけるのに苦戦することが予想されますよ」(同)

 フジテレビが今、最も欲しいのは“視聴率回復”だろうが、複数の系列局幹部曰く「まあ、無理でしょう」とすでに諦めモードなのが何とも気になるところだ。

    ニュース設定