中国、コロナ便乗し宣伝工作=尖閣侵入「執拗」と批判―防衛白書

67

2020年07月15日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 政府は14日の閣議で、2020年版防衛白書を了承した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴う社会不安・混乱に便乗し、中国が「偽情報の流布を含む宣伝工作」を行っていると指摘。「自らに有利な国際秩序の形成や影響力の拡大」を図る動きとして警戒感を示した。

 「宣伝工作」の内容について、防衛省関係者は(1)中国政府が「ウイルスを持ち込んだのは米軍」と主張している(2)中国政府の影響下にあるメディアが欧州で偽・誤情報を流している―ことなどを挙げた。

 白書は、沖縄県・尖閣諸島周辺で中国公船が領海侵入を繰り返していると強調。機関砲とみられる武器を搭載していることや、日本漁船を追尾していることを例示しつつ、「一方的な現状変更の試みを執拗(しつよう)に継続している」と厳しく批判した。

 これに関し、河野太郎防衛相は閣議後の記者会見で「国民に日本の領土・領海で何が起きているか理解いただけるようにしたい」と訴えた。

 北朝鮮の核・ミサイル開発に関しては、日本を射程に収める核搭載の弾道ミサイルを「既に保有しているとみられる」と明記。兆候を探知しづらい潜水艦や移動式発射台からの発射など、攻撃形態を複雑化させ、日本や関係国にとって「新たな課題」になっていると危機感を表明した。

 白書はまた、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入計画を停止したことを紹介。その一方で、陸上イージスについて「わが国全域を24時間365日防護」「弾道ミサイル防衛能力を飛躍的に向上」と評価する記述を残すなど、ミサイル防衛の再構築が急務であることをにじませた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 支那は危険な侵略国家、南鮮は赤化して寝返った背信国家と明記しておけ。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 90日以上連続で、中国の公船が日本の領海に侵入してて、宣伝工作ではないだろう( `ー´)ノ
    • イイネ!33
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(57件)

あなたにおすすめ

ニュース設定