眞島秀和、“ギャップ”魅せる『おじさんはカワイイものがお好き。』ビジュアル公開

126

2020年07月16日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真プラチナイト木曜ドラマF『おじさんはカワイイものがお好き。』に主演する眞島秀和と共演の(右上から9今井翼、桐山漣、藤原大祐 (C)読売テレビ
プラチナイト木曜ドラマF『おじさんはカワイイものがお好き。』に主演する眞島秀和と共演の(右上から9今井翼、桐山漣、藤原大祐 (C)読売テレビ
 俳優の眞島秀和主演による8月13日スタートの読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト木曜ドラマF『おじさんはカワイイものがお好き。』(毎週木曜 後11:59)。眞島演じる渋く、紳士的で、容姿端麗、仕事もデキるイケオジ課長でありながら実は「カワイイものが好きすぎる」主人公・小路三貴(おじ・みつたか)のほか、今井翼、桐山漣、藤原大祐らのキャストビジュアルが公開された。

【ソロカット】眞島秀和、今井翼、桐山漣のクールな表情

 今作は、ツトム氏の漫画『おじさんはカワイイものがお好き。』を実写化。見た目とギャップがあり過ぎるヒミツを致命的な機密のように抱えながら生きるイケオジ・小路の葛藤と、同志たちとの交流を描く“おじカワ”コメディードラマ。

 解禁されたのは、ダンディなイケオジながら実はカワイイものが好きすぎる小路が、スーツ姿でクール表情を浮かべながらも、推しキャラ『パグ太郎』のぬいぐるみを抱いたビジュアル。そして小路の“同志”として心を通わせていくデザイナー・河合ケンタ(今井)は、初対面で小路が“オシャレでイカつい”と感じるほどのワイルドな出で立ち。しかし小路と同様カワイイキャラクターが大好きというギャップを持つ。

 小路に一方的なライバル心を持つイヤミな同僚・鳴戸渡(桐山)は、陰で部下からつけられたあだ名“ワンレンメガネ”そのもののビジュアル。大のネコ好きというギャップの演技にも注目だ。小路の甥・仁井真純(藤原)は、まだあどけなさも残る大学生だが、少女漫画家という夢を密かに抱くまっすぐなまなざしを向ける。

 また主要キャストに加え、小路が勤務する株式会社COTRIに在籍する社員を演じるレギュラーキャストも発表。営業一課課長である小路の部下の茂科莉央(もしな・りお)役には、富田望生が決定。密かに小路に萌えていて常に行動をチェック。デスクには推しアイドルのグッズを置いて日々の励みにしているという役どころ。

 このほか同じく小路の部下である臼間未来(うすま・みき)役に、元・宝塚歌劇団雪組のトップ娘役・愛加あゆ、莉央と未来とともに働く木庭春生(きば・はるお)役には、水間ロン。小路と鳴戸の上司で営業部長の古宇東二(ふるう・とうじ)役として、佐藤正和が出演する。

このニュースに関するつぶやき

  • うーん、本当に好きならこんな持ち方はしないかな。もっと上の方に抱える様にすると思う。まぁ世間体的な葛藤があってこの位置と言う演出ならわかるが。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ぬいぐるみ好きとしては抱き方に違和感。基本ぬいぐるみの顔は自分の方に向ける。出来れば両手で持つ。片手ならもう少し顔に近づける、下目に持つなら前に押し出すように可愛さアピールだよね。(←アホ)
    • イイネ!31
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(45件)

あなたにおすすめ

ニュース設定