綾野剛&星野源W主演『MIU404』がドラマ満足度1位 キャストだけではない“作品力”にも高い支持

89

2020年07月16日 08:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真金曜ドラマ『MIU404』(TBS系)
金曜ドラマ『MIU404』(TBS系)
 綾野剛と星野源のW主演ドラマ『MIU404』第2話目(7月3日放送、TBS系)が、ドラマ視聴者の満足度を調査した「ドラマ満足度ランキング」(「オリコンドラマバリュー」より6月30日〜7月6日放送を対象)で、100Pt満点中88Ptを獲得。初の首位を獲得した。

【ランキング表】キムタク主演作『BG』は何位に? 満足度ランキングTOP10

『MIU404』は、警視庁機動捜査隊という実在の警察組織のなかの第4機動捜査隊という架空のチーム(第1〜第3は実在する)を舞台設定にしたオリジナルの刑事ドラマ。24時間という制限のなかでいち早く犯人を追う物語で、綾野剛は考える前に体が動いてしまう伊吹藍役、星野源は常に先回り思考で道理を見極める志摩一未役で、まったくタイプの異なる2人がタッグを見せる。

 初回の満足度は84Ptと好スタートを切っていた。様子見の視聴者も多かったことがうかがえるが、本作は2018年の人気作『アンナチュラル』(石原さとみ主演)のチームが手掛け、脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)もヒットさせた野木亜紀子氏。たしかな演出と物語で初回から視聴者を惹きつけたようで、2話目は初回満足度を4Pt上回る結果となった。

 視聴者は10代から50代まで幅広く、「めちゃ面白かった」(10代女性/埼玉)、「2人の役どころが魅力的」(30代男性/千葉)、「緊張感とコミカルのバランスがいい」(30代女性/神奈川)など、出演者や物語、演出など、さまざまなポイントを評価する声が多数寄せられた。

 7月10日放送の第3話目では、菅田将暉が重要な役どころでサプライズ登場し、SNSを大いに賑わせていた。今後の展開に注目が集まっており、さらなる満足度上昇も期待できそうだ。

●オリコン ドラマバリューとは
オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1〜20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

このニュースに関するつぶやき

  • 昨晩のANNで第4話について、源さん熱く語ってました。「ハッピーエンド」「幸せ」についてです。radikoやYouTubeで聴けます。すごく深いお話をされていますので、ぜひ聞いてみてください。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 綾野剛と星野源がいい味だしてるんでしょうが、やっぱり、脚本がいいドラマは一般的に言っても、評価が高いのだと思います。
    • イイネ!66
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(47件)

あなたにおすすめ

ニュース設定