アンジャッシュ渡部建、梅沢富美男に“弟子入り”でみそぎ案が急浮上

1

2020年07月22日 10:03  日刊サイゾー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真アンジャッシュ・渡部建
アンジャッシュ・渡部建

 複数の女性との不倫が暴かれたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建について、俳優・梅沢富美男が19日に出演した関西ローカルのトークバラエティー番組『八方・陣内・方正の黄金列伝』(読売テレビ)で、「ダメだね、女性に対して雑!」と、ぶった斬った。

 番組内では梅沢の妻も出演し、浮気については「そんなに問い詰めなくてもいいのかなあ」と、“芸の肥やし”として目をつぶる様子。これには梅沢も「不倫は一度もしていない。私は遊び!」と世の女性からすればブーイングが飛びかねない釈明に終始したが、渡部については「一番悪い遊び方」と突き放した。

 芸能関係者は渡部について「今も静観の姿勢を崩しておらず、静かに嵐が過ぎるのを待っている。だけど、その時間が長くなるほど、復帰時期も遅れて影響が大きくなる」と話す。そこで早期にみそぎを済ませるにあたって浮上したのが、梅沢への“弟子入り”案だという。

「芸能の世界はもちろん、遊び方も含めて修羅場をくぐり抜けてきた梅沢さんならきっと、渡部を更生できるはずです。それを密着の形で撮影しておいて、何年かしたら、世に出せばいい。あれだけ注目された不倫劇からどう、芸人渡部が立ち直れるのか。これは世間もかなり注目があるし視聴率も見込める」(テレビ局関係者)

 ベテラン芸能人の下で修業し、芸能界復帰へのきっかけを掴むのも悪い話ではない。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定