横浜流星コロナ感染で主演ドラマ『私たちはどうかしている』が大幅放送延期危機!

1

2020年07月22日 21:42  日刊サイゾー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

「最もスケジュールが押さえづらい」とまでいわれる“売れっ子”の若手俳優・横浜流星が新型コロナウイルスに感染してしまった。

 横浜は舞台の稽古を終えた20日夜、倦怠感を覚え、発熱もあったため医療機関を受診。抗原検査の結果、陽性と判明しそのまま入院した。

 現在、横浜は8月6日から始まる予定だった主演舞台『巌流島』の稽古と、日本テレビ系の主演ドラマ『私たちはどうかしている』(浜辺美波とのダブル主演、水曜午後10時〜)の撮影を並行して行なっていたが、共演者の浜辺らは濃厚接触者として検査を受けた。

 この事態を受けて、『巌流島』の東京公演(同6日〜11日)は中止が決定し、以降の名古屋、高松、大阪、福岡公演については検討中となり、追って発表される。

 舞台もさることながら、ピンチに陥っているのが、ドラマ『私たちはどうかしている』だ。むろん撮影は中断しているが、その放送を大幅に延期せざるを得ない可能性が出てきたのだ。

「横浜はお気の毒というしかないのですが、ドラマは8月12日にスタート予定で、関係者によると、全8話で現在7話の途中まで撮影が終わっているようです。つまり、あと1話分ちょっと撮影できればクランクアップするところでした。周知の通り、コロナの症状は人それぞれで、陰性になるまで時間がかかるケースもあります。陰性になっても、しばらくは自宅待機となるでしょうし、共演者やスタッフの健康を考慮すれば、それ相応の時間を置かなければならないでしょうね。その時間が長くなれば、ドラマの放送開始を延期せざるを得ない。あるいは、見切り発車でスタートして、撮影済みの第6話までオンエアしたとして、ロケ再開のメドが立っていなければ、放送中断となってしまいますね。横浜としても、日テレとしても、早期回復を願うばかりですが、最悪事態は濃厚接触者の共演者、要職のスタッフから感染者が出ること。そうなってしまうと、撮影再開がますます難しくなってしまいますからね。そうならないといいのですが……」(テレビ局関係者)

 2019年1月期の連ドラ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で、主演の深田恭子の相手役を演じて、大ブレークした横浜。1月期の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日テレ系)では、清野菜名とのダブル主演で、プライム帯の連ドラ初主演となったが、全話平均視聴率は8.1%と低調だった。

 それだけに、横浜は今回の『私たちはどうかしている』で、結果を出して、さらに存在感を示したかったはず。ドラマが放送延期という事態にならず、なんとか予定通りスタートできるように、回復を願うばかりだ。

    ニュース設定