嵐・大野、二宮から“休みグセ”を指摘され苦笑「今まで助かってたのに…」

3

2020年08月05日 12:34  ORICON NEWS

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ソフトバンクとの『5Gプロジェクト』に関する発表会に登壇した嵐(左から)櫻井翔、二宮和也、松本潤、大野智、相葉雅紀 (C)ORICON NewS inc.
ソフトバンクとの『5Gプロジェクト』に関する発表会に登壇した嵐(左から)櫻井翔、二宮和也、松本潤、大野智、相葉雅紀 (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)が5日、都内で行われたソフトバンクとの『5Gプロジェクト』に関する発表会に登壇した。嵐と同社は『誰も見たことのない世界へ、一緒に。』をテーマに、5G(第5世代移動通信システム)時代の新しいエンターテインメントの可能性に挑戦するプロジェクトを開始。第一弾として嵐の人気楽曲「Love so sweet」をファンと一緒にバーチャルで合唱する参加型プロジェクト『5G バーチャル大合唱』の映像が使用された新テレビCM(7日より放送開始)がお披露目された。

【集合ショット】5人そろって登場!笑顔で手をふる嵐

 二宮いわく 「仕上がったものはまだ見られていない」とのことで、メンバーだけが参加したグリーンバックでの撮影から一転、嵐の指揮によって、ファンがそれぞれの場所から撮影した映像が集まって壮大な大合唱が模様が描かれたCMがスクリーンに映し出されると、櫻井は「現場では5人だけだったので想像を超える仕上がりになった」と驚き。相葉は「あれだけのファンのみなさんの声が重なるとあんなに迫力があるんだ。1つになることができて幸せな気分になりました」と感無量の表情を浮かべる。

 このほど、5Gならではの臨場感あふれる視聴体験を実現する“ソフトバンク”のコンテンツ配信サービス『5G LAB』では7日から、マルチカメラによって、お気に入りのメンバーを選んでその人をメインにした映像が視聴できる“推しカメラ”を楽しめる『FR SQUARE』が提供開始。イベントではさっそく二宮が体験してみることに。

 メンバーを選択する際には司会から“推しメン”を1人選ぶように言われると「まぁこうじゃないですか」とスクリーンには大野の姿が大写しに。選ばれて、「俺か」と少しびっくりした大野だったが、二宮は「大野さん歌ってるときに休む癖があるので…」とまさかの理由が“監視”だったことを告白。休んでたことがバレるということがわかってしまうことで大野は「難しくなる時代ですね」と苦笑しきりで、櫻井からは「踊りの場合とかも間違ってたらばれちゃうね」と指摘。大野は「今まで助かってたのに…」と笑いながらこぼしていた。

 そして『嵐を楽しむVR』として14日から公開されるのが『VR SQUARE』。VRゴーグルによって目の前でライブやスポーツが広がっているような臨場感を楽しめるコンテンツだが、今度は相葉はVRゴーグルを装着して体験。その場をぐるぐる回って満喫した相葉は「嵐と一緒に普段踊ってるじゃないですか。その距離感より近い!」と興奮気味で、松本は「嵐と一緒に踊ってるってあなた嵐でしょ」と冷静にツッコミ。「手を伸ばしたら届きそうな迫力。どこみても嵐がいるし。ライブを観に行った時に自分のすきなところを見られる!」と感激していた。

 また今回のプロジェクトでは、応募者全員に自分の撮影した動画が嵐の指揮映像とコラボした特別映像が届くがこのほど26日から9月1日まで受付再開が決定した。


動画を別画面で再生する



    あなたにおすすめ

    ニュース設定