オードリー春日&ミキら「大喜利AI」と対決 AIの天才回答にかまいたち感動

1

2020年08月06日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真6日放送の『もしもAI動画大賞』(C)TBS
6日放送の『もしもAI動画大賞』(C)TBS
 最新のAI技術を使い、見たことのない「おもしろ映像」「奇跡の映像」などを生み出すTBS系動画バラエティー『もしもAI動画大賞』が、6日にゴールデン帯の特番として放送されることが決定(午後8:00〜)。「大喜利AI VS 芸人」や「無人AIドローンVSアスリート・鬼ごっこ対決」「顔認証AI VS メイクの達人・メイク見破り対決」など、AIと人間が対決する新企画が登場する。

【写真】グランプリを決定する審査委員長として菅野美穂が登場

 今年4月に第1弾を深夜帯で放送し、眞栄田郷敦が戦場カメラマンの渡部陽一氏になったり、A.B.C-Zの塚田僚一が安田大サーカスのクロちゃんになったりと、現実ではありえない映像の奇妙な面白さが話題に。ゴールデンに初進出した今回は、グランプリを決定する審査委員長・菅野美穂がフワちゃんに、スタジオゲストの片岡愛之助はEXITにと、AIを駆使した必見の「もしも動画」を届ける。

 前回に引き続きMCは南海キャンディーズの山里亮太とSHELLY。「大喜利AI VS 芸人」では、のべ数万人の芸人の発言やネタを学習した「大喜利AI」と人気芸人が対決。アインシュタインの稲田直樹やオードリーの春日俊彰らが「菅野美穂あるある」「桃太郎のBADエンディング」「SHELLYが離婚した理由」など、さまざまなお題でAIと大喜利対決に挑戦する。

 「大喜利AI」は、かまいたちも感動するほどの天才回答をどんどん生み出してゆき、芸人のメンタルをえぐっていく。優秀かつ芸人の脅威となっていくかもしれない「大喜利AI」に、お笑い第7世代の四千頭身&ミキは惨敗し、まさかの激ギレ(?)する展開も見られる。「無人AIドローンVSアスリート・鬼ごっこ対決」では、FUJIWARAの藤本敏史が登場すると、山里が思わず「キャスティングがふざけている」とツッコミを入れる。

このニュースに関するつぶやき

  • これが「シンギュラリティ※」か……、信ぎゅられる? それとも信ぎゅられない?   ※ある時点で人工知能の知性が人間の知性を上回るという考え
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定