浅田真央、宝塚歌劇団雪組トップスター・望海風斗と対談!衣装をつけ半年ぶりのパフォーマンスも『SWITCHインタビュー』

0

2020年08月08日 09:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

8月8日放送の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』(NHK Eテレ、毎週土曜22:00〜)では、男役として絶大な人気と実力を兼ね備える、宝塚歌劇団雪組トップスターの望海風斗と、望海が会いたいと願ったフィギュアスケーターの浅田真央が対談する。

同番組は、異なる分野で活躍する2人の“達人”が、番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを“スイッチ”しながら、それぞれの「仕事の極意」について語り合い、発見し合うクロスインタビュー番組。

番組前半は、浅田が望海主演の舞台を観劇後、特別に宝塚のシンボルともいえる大階段や大羽根を見せてもらうことに。トークでは、望海に男役としての苦労や喜び、チームをまとめる秘けつなどを聞いていく。

後半は、望海が浅田の練習場の一つ、埼玉アイスアリーナを訪問。オリンピック選手時代の心構えや、引退してから続けるアイスショー、サンクスツアーへの思いなどを聞く。また、今年2月記者会見で退団を発表した望海が、未来を模索していることに対し、浅田は現役を引退してから新しい自分を発見できる喜びを伝える。

対談中、浅田は観劇のお礼にと望海のために「蝶々夫人」を披露。新型コロナウイルスの影響でサンクスツアーが中断しているため、衣装をつけて滑るのは半年ぶりとなる。2人は、あらためて「ショー」が持つ魅力をかみしめ、再開を祈念する。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定