“ゲキレッド”鈴木裕樹、「十数年ぶり」変身ポーズ披露に「懐かしい!」「感激した!!」

3

2020年08月09日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『警視庁・捜査一課長2020』ライブ配信第3弾に6人+1匹が浴衣で大集合(左から)陽月華、塙宣之(ナイツ)、金田明夫、内藤剛志&ビビ、斉藤由貴、鈴木裕樹 (C)テレビ朝日
『警視庁・捜査一課長2020』ライブ配信第3弾に6人+1匹が浴衣で大集合(左から)陽月華、塙宣之(ナイツ)、金田明夫、内藤剛志&ビビ、斉藤由貴、鈴木裕樹 (C)テレビ朝日
 テレビ朝日系で放送中の木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長』(毎週木曜 後8:00〜8:54)の出演者によるライブ配信第3弾が8日午後9時から行われた。主人公の捜査一課長・大岩純一役で主演する内藤剛志、小山田大介管理官役の金田明夫、運転刑事・奥野親道役の塙宣之(ナイツ)、大岩家の愛猫ビビというおなじみのメンバーに加え、今回は“大福”こと平井真琴役の斉藤由貴が初参加。

【写真】ゲキレッドの変身ポーズを披露した鈴木裕樹

 さらに、捜査一課の刑事、天笠一馬役の鈴木裕樹と板木望子役の陽月華が事前告知なしのサプライズでMCとして出演。2人ともMCは初挑戦とのことだったが、アナウンサー顔負けの円滑な進行ぶりを見せた。

 その上、鈴木はシリーズにまつわるさまざまなクイズを出題するコーナー「捜査一課長クイズ!」の出題イラストで、持ち前の画力を発揮。ドラマ本編でも捜査に用いられる似顔絵を鈴木が描いているという。

 スクショタイムでは、鈴木がかつて主演していたスーパー戦隊シリーズ第31作『獣拳戦隊ゲキレンジャー』(2007年)の漢堂ジャン/ゲキレッドの変身ポーズをオーダーされ、「十数年ぶりですよ! 覚えてるかな…」と戸惑いながらも完璧に決めてみせ、視聴者からは「懐かしい!」「感激した!!」というコメントが相次いだ。

 ちなみに、「捜査一課長クイズ!」では、「今シーズン、本田博太郎演じる笹川刑事部長は塙演じる奥野親道をあだ名“ブランク”以外でどう呼んでいる?」「今シーズン、斉藤演じる平井真琴が大福とお茶以外に口にしたものをすべてこたえよ!」「シリーズ通して大岩一課長が捜査員たちに対し、『ホシをあげる!』と号令した回数は今までで何回?」などという問題が出された。

 「ホシをあげる!」の回数を当てる問題で、最も正解(111回)に近い「107回」と予想した内藤が高ポイントを獲得して、最終的に優勝。内藤は「クイズは難しかったけど、けっこう細かいところまでディティールを覚えているものだな」と自画自賛のドヤ顔を見せていた。

 配信中に寄せられたコメントに生回答する「リアルタイム質問」のコーナーでは、かねてからツイッターで捜査一課長ファンだとつぶやいていた丸山桂里奈からコメントが到着。すると、「これ言っちゃっていいのかな…? 今度、丸山さん、出演されるんですよ」と、金田が丸山桂里奈がゲスト出演するという、まだ解禁前の情報をポロリ。内藤も「あの明るさが僕たちのドラマには必要。素晴らしいパワーをお持ちで、撮影も楽しかったです」と彼女の存在感を絶賛していた。

 このほかにも、「撮影の合間、何を話していますか?」「チームワークのよさの秘訣は?」など質問が殺到。「何かはじめたことはありますか?」という質問には、内藤が「2ヶ月ぐらい(自粛期間で)家にいたので運動するようになり、毎夜5キロ走っていました。でも運動しすぎて今、膝が痛いです(笑)」と笑いながら明かしていた。

 エンディングでは、内藤が「僕たちは毎年レギュラー放送スタートの直前にイベントを開催していたのですが、今年は状況が許さず、できませんでした。そこでなにかドラマ以外でも楽しいことができないかと考えてテレワークドラマやライブ配信を企画してきました。毎日、安全と健康に気をつけながら頑張って撮っていますので、残りのオンエアをぜひ楽しんでいただきたい」と、視聴者に向けてメッセージ。

 最後は“あの決めぜりふ”で締めくくろうとしたところ、「誰も“はい!”って言ってくれずにシーンとしているのが恥ずかしい」という内藤のリクエストで、「必ずホシをあげる!」のあとに、キャストやスタッフが「はい!」の大合唱。視聴者からも「はい」のコメントが続々と到着した。

 『捜査一課長』のライブ配信は、4月4日、7月17日、そして今回が3回目にしてラスト。今回の累計視聴者数は12万人を突破し、過去最高を記録した。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • ちゃんと「ネコ」もいるね(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定