ディズニー、新しい『トロン』の映画製作へ 監督は『LION』のガース・デイヴィス

3

2020年08月11日 14:22  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真ガース・デイヴィス Photo by Jason LaVeris/FilmMagic
ガース・デイヴィス Photo by Jason LaVeris/FilmMagic
ディズニーが製作する新しい『トロン』の映画に動きがあった。監督が『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』『マグダラのマリア』のガース・デイヴィスに決定したという。「Deadline」などが報じた。デイヴィス監督にとっては初めての“大作”となるため、自ら積極的に売り込んだことが伝えられている。

今作は1982年製作の『トロン』、2010年製作の『トロン:レガシー』に続く『トロン』シリーズ3作目となるが、前2作とは物語としてつながりのない作品になるとのこと。

『トロン:レガシー』においては、主演のギャレット・ヘドランドとオリヴィア・ワイルドが続投で、続編を製作することも検討されていたが、2015年に立ち消えに。3作目の“新しい”『トロン』は、2017年にジャレッド・レトが主演・製作することで契約を結んだが動きがなく、3年が経って監督が決まり、再び企画が動き出した模様だ。ドラフト脚本は『グロムバーグ家の人々』のジェシー・ウィグトウが担当していることが以前報じられた。


今回の報道に『トロン』シリーズのファンは、「前作と同様『ダフト・パンク』にサウンドトラックを手掛けてほしい」「前作のキャストはだれも出ないの?」などとコメント。『スーサイド・スクワッド』のジョーカー役が不評だったことが響き、主演がジャレッドであることを不安視する声も。

(Hiromi Kaku)

このニュースに関するつぶやき

  • 中禍にすっかり侵食されているディズニー。 今度のトロンは、華為(Huawei)やtiktok、WeChatを彷彿させる企業の技術が織りなす電脳社会を描くのだろうか(笑。 そして通奏低音として流れるのが、中国讃歌。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定