ドラマ『働かざる者たち』すごく働いている俳優陣が続々出演

1

2020年08月13日 12:12  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真濱田岳主演ドラマ『働かざる者たち』(8月26日スタート)ゲスト出演者(上段左から)梶原善、矢柴俊博、甲本雅裕、浜野謙太(下段左から)升毅、柳沢慎吾、林泰文 (C)「働かざる者たち」製作委員会
濱田岳主演ドラマ『働かざる者たち』(8月26日スタート)ゲスト出演者(上段左から)梶原善、矢柴俊博、甲本雅裕、浜野謙太(下段左から)升毅、柳沢慎吾、林泰文 (C)「働かざる者たち」製作委員会
 俳優・濱田岳主演、Paravi×テレビ東京グループ「ドラマパラビ」の新作『働かざる者たち』(8月26日スタート、毎週水曜 深0:58〜1時28分、全6話放送予定)で、物語の要となる“働かざる者たち”を演じるゲスト出演者が発表された。

【写真】主演の濱田岳

 原作は、小説投稿サイト「エブリスタ」で連載され、SNSで「刺さる」「身につまされる」と反響を呼んでいるサレンダー橋本氏の同名漫画。小学館クリエイティブより単行本が発売中。

 物語の主人公は老舗新聞社「毎産新聞社」の入社7年目のシステム部社員・橋田一(濱田)。本業はそこそこに副業の同人漫画の執筆に精を出す日々を送っている。しかし、社内に巣食う出世をあきらめた勤労意欲ド底辺の“働かざる者たち”に翻ろうされるうち、自分の人生はこのままで良いのかと自分の働き方、生き方を模索していくことになる。

 “働かざる者たち”に垣間見える、彼らの過去と彼らがこの時代を生きる悲哀は、まさに人生ドラマ。そんな彼らを通して橋田が見つめ直す働く事の意義、そして幸せな人生とは何なのか…。多様な働き方が求められる一方、弱肉強食、適者生存の大義名分の下に大事な何かが切り捨てられる現代に、少しだけ物申すヒューマンコメディー。

 今回、発表されたゲスト出演者は次のとおり。まともな校閲をせず、ウィキペディアならぬ「ウィキプディア」をメモ帳ソフトにコピペして仕事しているふりをしている校閲部の社員〈ウィキさん〉こと三木勲役を梶原善。

 言葉に強い責任を持っているが嫌味な部分がある校閲部部長〈柳瀬真〉役を矢柴俊博。

 ほとんど働かずに日がな一日スマホゲームをしながら工場をウロついている印刷部の社員〈山中達彦〉役を甲本雅裕。

 地域住民と日中から酒を飲んでダベっている沼ヶ原地方通信部の記者〈堀孝一〉役を浜野謙太。

 鬼軍曹と呼ばれている冷酷非道な技術局局長〈多野和彦〉役を升毅。

 仕事をせず、窓際にも行かずに成り上がった販売一部部長〈風間敦〉役を柳沢慎吾。

 記者時代はエースとして活躍しており、記者としての強い信念を持つ政治部部長〈河田誠一郎〉役を林泰文。

 さまざまな作品に顔を出し、実際はすごく“働いている”俳優陣が集結し、今作を盛り上げていく。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定