嵐・松本潤のはまり役だった作品ランキング

141

2020年08月30日 07:32  gooランキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

gooランキング

写真嵐・松本潤のはまり役だった作品ランキング
嵐・松本潤のはまり役だった作品ランキング
本日37歳の誕生日を迎えた嵐の松本潤。国民的アイドルグループ・嵐の活動に加えて、俳優として数々の作品に出演してきました。そこで今回は、松本潤の最もはまり役だった作品について探ってみました。

1位 99.9-刑事専門弁護士-シリーズ
2位 失恋ショコラティエ
3位 ごくせんシリーズ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『99.9-刑事専門弁護士-』シリーズ!

2016年4月に放送された『99.9-刑事専門弁護士-』。2018年1月には続編である『99.9-刑事専門弁護士- SEASONII』が放送され、一躍人気作品の仲間入りを果たしました。この作品で松本は初挑戦となる弁護士役・深山大翔を演じました。斑目法律事務所を舞台に、個性あふれる刑事専門弁護士やパラリーガルたちと、0.1%の可能性も諦めない粘り強さで真実を追い求める姿は、新たなヒーロー像を打ち立てました。

2位は『失恋ショコラティエ』!

2014年1月に放送された『失恋ショコラティエ』。この作品で松本は一流ショコラティエの小動爽太役を演じました。爽太が高校時代に一目ぼれし、長年に渡って思いを寄せる先輩・サエコ役には石原さとみ。爽太がオーナーの人気店「ショコラヴィ」を舞台に、甘くてほろ苦い大人の恋愛ストーリーを繰り広げました。アイドルとして絶大な人気を誇る松本が、切ない片思いをする爽太を演じる、そんな現実とのギャップもエッセンスとなったラブストーリーでした。

3位は『ごくせん』シリーズ!

森本梢子原作の漫画をドラマ化した『ごくせん』シリーズ。仲間由紀恵演じる高校教師・山口久美子(通称:ヤンクミ)が、問題のある生徒を相手に奮闘する学園ドラマ。松本は2002年放送の第1シリーズに出演し、クラスのリーダー的存在で文武両道の沢田慎役を演じました。同級生役には、小栗旬、石垣佑磨、成宮寛貴ら若手俳優も多数出演し、高視聴率をマーク。2005年に第2シリーズ、2008年に第3シリーズとバトンをつなぐ人気シリーズとなりました。

このように、放送当時大きな話題となった人気作品が上位に選ばれる結果となった今回のランキング。気になる4位〜39位のランキング結果もぜひご覧ください。

嵐では歌って踊るだけではなく、コンサート演出も手掛ける松本。実は裏方の仕事もこなすマルチプレイヤーです。嵐の活動休止は寂しいですが、その間ドラマや映画作品への出演に期待したいですね!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:8,576票
調査期間:2020年7月19日〜2020年8月02日

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ …松本潤(←ヲイ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • どう考えても「花より男子」の道明寺司役でしょ?出世作でアレで嵐もメジャーになった訳だし。
    • イイネ!174
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(71件)

ニュース設定