犬飼貴丈、“裸一貫”の仕事続き「おかしなことに…」仮面ライダー経て朝ドラ後に路線変更?

3

2020年08月31日 20:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真“裸仕事”が連続したことに苦笑いを浮かべた犬飼貴丈 (C)ORICON NewS inc.
“裸仕事”が連続したことに苦笑いを浮かべた犬飼貴丈 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の犬飼貴丈が31日、都内で主演する配信舞台『サウナーマン ザ・ステージ 〜汗か涙なら問題ない〜』の公開ゲネプロに参加。“裸仕事”が連続したことに苦笑いを浮かべた。

【写真】サウナセットで肉体美を披露した犬飼貴丈

 犬飼といえば、映画『ぐらんぶる』で男ばかりのダイビングサークルで“裸”での日々を送ることになる今村耕平を演じたばかり。またもや裸の仕事となったことについて「おかしいなって…。ジュノンボーイを取って、仮面ライダーをやらせてもらって、朝ドラに出たんです。そこから、仕事がおかしなことになってる自覚はあります(笑)」とぽつり。「ここから、どう軌道修正をするか」と笑わせながら「(裸に)自信を持って突き進めれば。脱ぐことに対する抵抗はなくなりました」と“成長”を語った。

 そして「ここまで笑う現場はないぐらい、本当にけいこ場が楽しい。まじめにふざけて楽しいものを作りたいという思いが1つになって充実したけいこ期間になった。早くいろいろ人の元に届けられたら」と力を込め、視聴を呼びかけた。

 取材には佐田正樹(バッドボーイズ)、堤下敦(インパルス)、君沢ユウキ、都丸紗也華、窪田翔、ゲストの川崎麻世も参加した。

 サウナの中では、ほとんど誰もしゃべらない。黙々と汗を流している。オレンジに火照った空間の中で、みな裸で。地位も名誉も年齢も関係ない空間・サウナの中だけで繰り広げられる、哀愁と笑い漂う(裸の)男たちの物語。犬飼は引っ込み思案な性格の劇団主宰・俳優のイチイを演じる。

 同舞台は9月4日から9月6日まで配信で実施。日替わりゲストとして、4日は団長安田(安田大サーカス)、5日の昼公演は原田龍二、同夜公演は川麻世、6日の昼公演はエハラマサヒロ、同夜公演は中村優一が出演する。また、カメラも「通常版」「定点カメラ版」「密着カメラ」「応援上映」の4パターンが、それぞれに設定されている。

このニュースに関するつぶやき

  • サウナ!俳優!ベストマッチ! 全裸のライダー俳優!サウナアクター!イェーイ!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定