『半沢直樹』大物がチョイ役!視聴者を刺激する、神ワザ的なキャスティング

147

2020年09月06日 19:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真堺雅人
堺雅人

 大物俳優をワンポイント出演させる一方で、演劇界で有名な舞台俳優を大役に据えるなど例を見ない起用法が注目を集めている。その背景を取材してみると、納得の理由が見えてきて―。

『半沢直樹』(TBS系)が絶好調だ。国家を敵に回すというスケールの大きな『帝国航空編』もいよいよクライマックスを迎え、役者陣の演技合戦もますます白熱している。

視聴率は毎回20%超えで、近年のドラマとしては驚異的な数字。'13年版は回が進むにつれて数字が上がっていき、最終回の平均視聴率は42・2%に達しました。これは平成の民放ドラマで堂々の1位です。今回の最終話でも、新しい記録を作るかもしれません」(テレビ誌ライター)

 半沢直樹を演じる堺雅人と大和田暁を演じる香川照之が丁々発止のやりとりを繰り広げ、新しく加わった魅力的なカタキ役がさらに対決を盛り上げる。

インパクトのある役者陣

新章では江口のりこさんが国土交通大臣、その右腕の弁護士を筒井道隆さんが演じています。どちらも今まで悪役のイメージがなかった役者だったので、その意外性が話題になりました」(スポーツ紙記者)

 名だたる役者たちが強烈な演技で魅せるなか、新たに印象を残したのが、半沢を逆恨みして陥れようとした曾根崎雄也次長だ。

「ネットでは“あの俳優は誰?”と、注目を集めていましたが、あの方は佃典彦(つくだのりひこ)さんです。名古屋の小劇場を中心に活躍する舞台俳優さんで、地元の演劇好きの中では超有名人。でも、まさかあのドラマに起用されるとは思いませんでした。地元のファンは大喜びしていますよ!」(名古屋に住む演劇ファンの女性)

 知る人ぞ知る俳優を起用する一方で、その逆をいくキャスティングも視聴者をザワつかせている。

吉沢亮さんは、第3話に少しだけ出演しました。今年1月に放映されたスピンオフドラマ『狙われた半沢直樹のパスワード』では主役でしたが、今回は短時間の出演。'21年から始まる大河ドラマ『青天を衝け』で主演が決まっている旬の俳優ですから、もっと出してもいいのに……。ちょっともったいないですよね」(前出・テレビ誌ライター)

 第6話に登場した宮野真守のセリフは「はい!」だけ。

「宮野さんは片岡愛之助さんが演じる黒崎駿一検査官の部下役でした。彼は人気アニメ『DEATH NOTE』では主人公の夜神月を演じています。歌手としても活動し写真集もバカ売れ。アイドル的な人気を博している“最強のイケメン声優”なのに、たったひと言しか声が聞けないとは……」(アニメファンの女性)

 第7話には吉田羊が出演。

「吉田さんは'13年版にも半沢の妻が働いていたフラワーアレンジメントの仕事の先輩というチョイ役で出演。当時はまだ知名度が低かったんですが、'14年の月9ドラマ『HERO』での抜擢を機に数々の作品で主役を演じるようになりました。当時と違って大物なのに、今回も同じ役で出演したのはサプライズでした」(前出・テレビ誌ライター)

意外すぎる配役で視聴者を刺激

 これだけの“主演クラス”俳優をチョイ役に起用するのはなぜなのか。コラムニストのペリー荻野さんは、話題性を狙ってのことだと指摘する。

『半沢直樹』は、“どういう人が出たら面白いか”が緻密に考えられています。堺さんが半沢直樹という強烈な主役をやる以上、それに見合ったキャラクターをそろえなくてはいけません。人気や知名度よりもジャンルを問わず“幅の広い”キャストを起用することで、演技の相乗効果が生まれ、視聴者の興味が途切れないようにしています」

 一見“逆張り”とも捉えかねないやり方だが、舞台などで実績を残している俳優に大役を任せれば、ドラマの質は確実に上がる。

逆に、顔が知られている俳優を少ししか出さないことで“もっと見たい!”という刺激を与えています。制作サイドは7年間、いろいろな分野で活躍している演者さんたちをチェックしていたんでしょうね。大物俳優の出番が少ししかないというのは、一歩間違えれば怒らせてしまう危険性もあります。ただ、『半沢直樹』のようなドラマには何としても出たいというのが人情。大河ドラマのように、贅沢な作りができる貴重なドラマです」(ペリーさん)

 テレビ・ドラマ解説者の木村隆志氏は、プロデューサーに着目した。

「このドラマの成功がキャストの方々の熱演に支えられているのは間違いありません。それに加え、プロデューサーを務める伊與田英徳(いよだひでのり)さんの力が大きいと思います」

 ドラマの立ち上げから関わり、スタッフ・キャストの選定や予算管理など、制作全般に責任を持つのがプロデューサーの仕事だ。

「伊與田さんは『ブラックジャックによろしく』や『ヤンキー母校に帰る』など、多くのヒットドラマを手がけてきました。'13年に『半沢直樹』が成功してからは、同じ『下町ロケット』『ノーサイド・ゲーム』といった、池井戸潤さん原作のドラマを次々に送り出しています」(木村さん、以下同)

 彼が関わるドラマには大きな特徴があるという。

業界随一のキャスティング力ですね。'17年の『陸王』では、元テニスプレーヤーの松岡修造さんを起用。同じ年の『小さな巨人』には歌手の和田アキ子さんなど本職が役者ではない方を重要な役に抜擢し、ネット上の反響を意識した確信犯的な戦略です」

 神ワザ的ともいえる起用は、原石を見つけ出すことも。

滝藤賢一さんと吉田鋼太郎さんは、'13年の『半沢直樹』に出演したことで、全国区の人気俳優となりました」

 伊與田氏が深く関われるのは、原作者から厚い信頼を寄せられているからだ。

『帝国航空編』の原作にあたる『銀翼のイカロス』には大和田取締役が出てきませんが、香川照之さんの出番を作るため、台本に新たな場面を付け加えたんです

 役者の演技に負けないくらいスタッフの熱量も高い。

 いまの高視聴率には理由があるのだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 演技力があっても知名度の低い俳優さんの発掘番組ですね。 佃典彦さんはドラマを見る前に、地元TVで拝見して知りました。なんともいえぬ悪党演技!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これなら面白いはずだわ。
    • イイネ!46
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(83件)

ニュース設定