首位川崎が5発大勝…柏はオルンガ弾実らず、リーグ3試合ぶり敗戦/J1第16節

5

2020年09月13日 21:10  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真J1第16節が行われた [写真]=金田慎平
J1第16節が行われた [写真]=金田慎平
 明治安田生命J1リーグ第16節が12日から13日にかけて行われた。

 MFアンドレス・イニエスタの復帰初戦となったヴィッセル神戸は、ホームでFC東京と対戦。神戸は24分に安井拓也のJ1初ゴールで先制したが、FC東京は50分にアダイウトン、58分にディエゴ・オリヴェイラが得点を挙げて逆転する。しかし、試合がこのまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム3分、神戸はイニエスタの供給したフリーキックにダンクレーが合わせて同点に追いつき試合は終了した。

『札幌ドーム』では北海道コンサドーレ札幌と浦和レッズが対戦。アウェイの浦和は13分と20分に杉本健勇がネットを揺らして2点を先行したが、31分と35分には札幌のジェイが2点を挙げて試合は振り出しに戻る。2−2で折り返すと、札幌は67分、オウンゴールで逆転に成功。しかし、浦和は75分に槙野智章が決め、試合は再びタイスコアに。そして後半アディショナルタイム4分、柴戸海が浦和に勝ち越しの1点をもたらし試合終了。土壇場で勝ち点「3」を手にした浦和はリーグ戦3試合ぶりの勝利。一方、敗れた札幌はリーグ9戦未勝利となっている。

 首位の川崎フロンターレはホームでサンフレッチェ広島と対戦。14分に田中碧の得点で先制すると、47分から51分にかけて立て続けに3点を獲得。88分に小林悠のPKで5点目を奪った直後、浅野雄也に1点を返されたが、5−1の大勝を収めた。

 サガン鳥栖と対戦した柏レイソルは、25分にオルンガの今季リーグ戦16ゴール目で先制したが、前半終了間際の45分と後半開始早々の48分に被弾し、逆転を許す。試合はこのまま終了し、柏の公式戦連勝は「4」でストップ。また、リーグ戦では3試合ぶりの敗戦を喫した。

 前節まで最下位の湘南ベルマーレは、大野和成が挙げた1点を守り切ってガンバ大阪に敵地で勝利。第6節鹿島アントラーズ戦以来、今季2勝目となった。また、19位清水エスパルスが鹿島アントラーズに敗れたため、湘南は19位に浮上、清水が最下位に転落している。

■J1第16節試合結果
清水 1−2 鹿島
神戸 2−2 FC東京
札幌 3−4 浦和
仙台 0−3 大分
横浜FC 3−2 名古屋
川崎 5−1 広島
鳥栖 2−1 柏
横浜FM 1−2 C大阪
G大阪 0−1 湘南

■J1順位表
1位 川崎フロンターレ(勝ち点44/得失点差+36)
2位 セレッソ大阪(勝ち点36/得失点差+11)
3位 FC東京(勝ち点32/得失点差+9)
4位 名古屋グランパス(勝ち点27/得失点差+9)
5位 鹿島アントラーズ(勝ち点27/得失点差+4)
6位 浦和レッズ(勝ち点27/得失点差−4)
7位 柏レイソル(勝ち点26/得失点差+8)
8位 ガンバ大阪(勝ち点23/得失点差0)
9位 サンフレッチェ広島(勝ち点21/得失点差+4)
10位 横浜F・マリノス(勝ち点21/得失点差0)
11位 ヴィッセル神戸(勝ち点20/得失点差−3)
12位 横浜FC(勝ち点17/得失点差−12)
13位 大分トリニータ(勝ち点16/得失点差−7)
14位 サガン鳥栖(勝ち点14/得失点差−1)
15位 北海道コンサドーレ札幌(勝ち点14/得失点差−12)
16位 ベガルタ仙台(勝ち点11/得失点差−13)
17位 湘南ベルマーレ(勝ち点9/得失点差−12)
18位 清水エスパルス(勝ち点9/得失点差−16)

■J1第17節対戦カード
▼9月19日(土)
14時 札幌 vs G大阪
16時 鳥栖 vs 横浜FM
17時 名古屋 vs 神戸
18時 C大阪 vs 鹿島
18時30分 湘南 vs 清水
19時 柏 vs 広島

▼9月20日(日)
18時 大分 vs 横浜FC
19時 浦和 vs 川崎
19時 FC東京 vs 仙台

このニュースに関するつぶやき

  • ここに書けてはいないが毎節可能な限り見ています。横浜FCは序盤の見事な逆転等で勝ちをもぎ取りました。若手ばかり起用すぎる感はあるが田代皆川らでバランスは取れてるか。イバの移籍は寂しかったけどまあ仕方ないね
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定