三浦春馬“慶太”の笑顔が「一生忘れられない」…視聴者から放送に感謝の声殺到「おカネの切れ目が恋のはじまり」

3

2020年09月16日 00:42  cinemacafe.net

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「おカネの切れ目が恋のはじまり」第1話 (C) TBS
「おカネの切れ目が恋のはじまり」第1話 (C) TBS
松岡茉優主演、三浦春馬、三浦翔平、北村匠海らが共演するTBS系新火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」が9月15日からスタート。放送後のSNSには三浦春馬さんの“笑顔”に「感謝」「一生忘れられない」などの声が殺到している。

本作は1円まで清く正しく美しく。モノや恋に一途で、すべて計算通りの“清貧女”・九鬼玲子を松岡さんが、欲しいものには一直線。お金を使うことになんの迷いもなく、予定は未定な“浪費男”・猿渡慶太を三浦さんが演じ、この琴線感覚が両極端な2人がひょんなことから同居することになる…という完全オリジナル“じれキュン”ラブコメディ。

「凪のお暇」などの大島里美が脚本を手がけ、玲子の初恋の相手・早乙女健に三浦翔平。慶太の同僚で“ドケチ節約男子”の板垣純に北村匠海。慶太の元カノ・聖徳まりあには星蘭ひとみ。早乙女の秘書、牛島瑠璃に大友花恋。慶太の父で2代目社長の富彦に草刈正雄。母の菜々子にキムラ緑子。玲子の母・サチに南果歩。さらに稲田直樹(アインシュタイン)、河井ゆずる(アインシュタイン)、中村里帆、ファーストサマーウイカ、池田成志、八木優希らも出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1話は玲子が1年越しの片思いの相手「1680円の豆皿」をようやく買おうとしたその時、慶太がその皿を購入してしまうところから始まり、そんな慶太の度を越した浪費ぶりに社長である父・富彦が激怒、慶太は経理部に異動させられたうえ、自宅マンションも売られ、玲子の民宿に転がり込んでくる。


その頃、会社の非売品グッズなどがフリマサイトに出品されているのが見つかる。板垣に横領の疑いがかかるが…というストーリーが展開。


1話終了後のSNSでは「放送してくれてありがとう」「世に出してくれて本当に感謝です」と、放送開始に感謝の声が上がるとともに、慶太役の三浦さんに「春馬くんずっと笑顔でいてくれて幸せな1時間でした」「三浦春馬がいつも通りかっこよくてただ笑ってるシーンでも泣きそうになった」「ガチで三浦春馬さんの笑顔って力になる!このドラマが一生忘れられない」など、三浦さんの“笑顔”に喜びのコメントが集まる。


また「九鬼玲子を松岡茉優に抜擢した人大天才」「三浦春馬×松岡茉優のコンビは可愛い」「三浦春馬さんの表情豊かな演技、松岡さんの役柄もすごく好き」といった松岡さんと三浦さんの共演にも賞賛の声が寄せられている。

(笠緒)
    ニュース設定