“離婚弁護士”ハンナ、夫&不倫相手とともに仕事をすることになり…『ザ・スプリット 離婚弁護士』シーズン2

0

2020年09月18日 18:02  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

『ザ・スプリット 離婚弁護士』シーズン2(全6話)が、10月1日(木)からHuluで一挙独占配信される。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の脚本家でエミー賞受賞者であるアビ・モーガンを製作総指揮に迎え、『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』や『トップ・オブ・ザ・レイク』のプロデューサーが贈る離婚弁護士が主人公の大人の恋愛ドラマ。40代で愛する夫と子供を持つ女性弁護士ハンナが、自らの結婚生活に問題を抱えつつ、依頼人の離婚問題に向き合っていく。シーズン2ではある秘密を抱えることになったハンナが、結婚生活でさらなる重大な局面を迎える。離婚弁護士としての人生とプライベートな人生の両方で難しい選択を迫られるハンナは、果たして自らが望むものを手にすることができるのか――。

<ストーリー>
舞台は、世界の中でも特に離婚率の高い都市・ロンドン。老舗弁護士事務所で優秀な離婚専門弁護士として働くハンナは、著名人やセレブリティの離婚訴訟の仕事を抱えながら、夫ネイサンと3人の子供たちと平和な日々を送っていた。

シーズン1でハンナは、母や妹との苦いけんかの後、母の経営する法律事務所を飛び出し、ライバル会社に就職する。しかしそこでハンナは過去一度だけ不倫したクリスティとばったり出会い、それどころか30年間行方知れずの父とも出会ってしまう。さらに、ある事件をきっかけにネイサンとの関係にも危機が訪れる。

シーズン2で、ハンナとネイサンの結婚生活はもとに戻ったかに思われたが、ハンナはまだネイサンの過去の過ちを許せずにいた。一方でクリスティとの秘密の関係を続けていたハンナだったが、ある案件で、ネイサン、クリスティと共に仕事をすることになり、離婚弁護士としての生活とプライベートな生活の両面で、ストレスフルな時間を送ることを余儀なくされる。

次々と起こる問題に立ち向かっていく中で、ハンナが隠していたある大きな秘密も明らかになってしまう。クライアントのために彼らの望むものを手に入れてきたハンナは、自分の人生で何を望み、手にするのか。ハンナが最後に下す決断とは?

【脚本】アビ・モーガン『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『SHAMEーシェイムー』『THE HOUR 裏切りのニュース』など
【出演】ニコラ・ウォーカー、アナベル・スコーリー、フィオナ・バトン、デボラ・フィンドレー、アンソニー・ヘッド
    ニュース設定