フェラーリF1、ロシアGPに小規模アップデートを導入。2021年を視野に入れプロジェクト見直しが進行中

1

2020年09月19日 08:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第9戦トスカーナGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2020年F1第9戦トスカーナGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
 フェラーリは2020年F1第10戦ロシアGPでSF1000に小規模なアップグレードを施す予定であると、チーム代表マッティア・ビノットが明かした。しかしビノットによれば、このアップデートはパフォーマンスを劇的に向上させるようなものではないという。

 フェラーリの今季型SF1000には上位争いができる速さがなく、チームは低迷、深刻な状況に陥っている。パワーユニットのパフォーマンスがよくないだけでなく、車体の空力面も弱く、それによってドライバーたちはタイヤの摩耗に苦しんでいる。

「いくつか小さなアップグレードを行う予定だ。だがそれが全体像を変えることはないだろう」とビノットはコメントした。

「今の我々は、レースペースが悪い。タイヤの摩耗が激しい傾向があるのだ。だが、今回のアップグレードはそれに対処するものではない」

「我々は2021年を視野に入れてプロジェクトの再検討を行う必要がある。それにはもう少し時間がかかるだろう」

 COVID-19のパンデミックにより、技術規則の大幅変更は2022年に延期され、コスト削減のため2021年には多くのマシンパーツに関して技術開発が凍結される。しかしフェラーリはそんななかでも2021年型車において前進を果たすチャンスはあると考えている。

 現在F1ではチーム側の希望で2019年仕様のタイヤが使用されており、これが2021年にも引き続き採用されることになっている。そのタイヤが増え続けるダウンフォースの負荷に対応できるのかが懸念された結果、規則によって2021年型F1マシンのダウンフォース増加を抑えることが決まり、そのためにフロアの形状が変更されることになった。

「規則によって制限があるため、来年のシングルシーターは、今年の進化型になる」とビノットはイタリアの『Corriere della Sera』に対してコメントした。

「それでもチャンスはある。エンジンは完全に新しいものになる。すでに数カ月前からベンチテストを行っており、これに期待している」

「さらに世界評議会の投票によって、空力に関する重要な変更点が決まった。特にリヤ部に関する変更だ。これを活用できる可能性がある」

このニュースに関するつぶやき

  • F1はフェラーリの為に存在するようなレースだからな。多少のインチキには目を瞑るさ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定