V6、Hey! Say! JUMP……『CDTVライブ!ライブ!』4時間SPで披露の新曲、それぞれのポイントは?

2

2020年09月20日 06:01  リアルサウンド

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真リアルサウンド編集部
リアルサウンド編集部

 趣向を凝らした番組オリジナルのステージングや、ファン参加型の演出が毎回話題の人気番組『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)。9月21日19時からは『CDTVライブ!ライブ!秋のリクエストフェス!ラブソング4時間SP』と題しスペシャル版を放送、ジャニーズアーティストからV6、Hey! Say! JUMPの2組が出演する。


(関連:V6 坂本昌行×嵐 櫻井翔、デビュー時からの兄弟のような関係性 『夜会』出演を機に振り返る


 今届けたいライブを実現すべく、アーティストがスタッフとともに演出プランを練る企画会議の様子も同番組の見どころのひとつ。ときにはTwitterのアンケート機能を活用し、ファンが望む演出プランを募ることも。今回も放送当日まで、公式ホームページ、Twitterから目が離せない。


■V6は新曲「PINEAPPLE」をフルサイズで披露
 V6は、9月23日にリリースするダブルAサイドシングル『It’s my life / PINEAPPLE』から、”甘酸っぱ大人ソング”として早くも話題の「PINEAPPLE」をフルサイズで披露する。


 25周年を迎えてなお、歌って踊るアイドルの根本を大切にしている彼ら。「聴く」そして「観る」楽しさを兼ね備えているのがV6の強みであり魅力だ。だからこそ”テレビで”楽曲をフルサイズ披露することには大きな意味がある。きっとファンにとっては、どれほど豪華な演出よりも嬉しいプレゼントだろう。


 avex公式YouTubeにて「PINEAPPLE」のMVが一部公開されている。椅子を使ったパフォーマンスが印象的な同曲。椅子に腰かけ、足を組んで佇む、ただそれだけのポージングが、ゾクっとするほどキマる。ひとりひとりの存在に、ただならぬ説得力がある。そうした領域に、彼らは到達している。


 森田剛のウィスパーなキャラメルボイスから、バトンを繋ぐようにそれぞれのソロ、ハーモニー、ユニゾンへと続いていく。ラップには、クールな色気が漂う。


 おそらく海を越えた先にいる、触れることのできない恋人を想う歌詞。楽曲を演じる、個々の表情を見ていたい。けれど、ストーリー性のあるダンス、バシっと決めるフォーメーションダンスもまた、見どころだ。本番は、どのようなカメラワークで魅せてくれるだろうか。


 サビの歌詞は、ディスタンスに阻まれる現状にも重なる。本来ならば今頃、ファンとともに大事な時間を過ごしていただろう彼ら。今、物理的な距離が彼らとファンを阻むけれど、心は必ず繋がっている。〈同じ時に同じ愛を生きているから〉。V6とファンの関係性にも通ずる歌詞だと感じた。


 ラストショットがまた良い。「男は背中で語る」、その言葉を体現するような渋み、哀愁がある。その背中には、25年をともに歩み、言い知れぬさまざまを分け合い、これから先も並んで進んでいく、男たちの強さと逞しさも感じる。どうしたって今年は、たとえ楽曲のなかにだって「V6」の意味と軌跡を探してしまう。


 年々大人の魅力をたくわえながらも、良い意味で“相変わらず”な、愛すべき彼ら。アイドルとしての煌めきと、円熟したパフォーマンス、トークとのギャップに触れたら最後、新たに彼らの虜になる人は少なくないだろうと、にやにやしてしまう自分がいる。


■Hey! Say! JUMPは話題のドラマ主題歌「Your Song」をファンとともに
 メンバー・山田涼介が主演をつとめる話題の金曜ドラマ『キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)の主題歌「Your Song」を披露するHey! Say! JUMP。


 同曲は、山田の優しい歌い出しが印象的なミディアムバラード。「どんな時代も変わらない愛を歌った、心を繋げるエールソング」がテーマになっている。歌詞では、交差点、街の喧騒、ため息など日常の風景と、愛、空、時代、世界といったスケール感のある言葉がうまく融合している。視点を転換させて広がりを作ることにより、今は憂うつで俯いていたとしても、顔をあげてみよう、未来を信じて歩き出そうという、明日への希望を生み出す。


 9月30日のリリースに先駆け、早くもいくつかの歌番組で披露されているが、優しい表情で歌いあげる彼らの表情も印象的。シンプルで口ずさみやすい、温かい楽曲だ。きっと、幅広い世代に愛される楽曲になるだろう。


 ロードームービー風のMVも一部公開されている。同じ時間を過ごし、ともに少年から青年へと成長した彼ら。今なお変わらぬ関係性が、そのまま映し出されたようなエモーショナルな映像に仕上がっている。


 〈大丈夫 僕らは何もかもが違うけど〉〈ちぐはぐな僕ら〉。歌詞にも、それぞれが自由に個性を放ちながら、いざとなれば抜群のチームワークを発揮するHey! Say! JUMPの姿が重なる。


 今回、同番組では「Hey! Say! JUMPのライブをみんなで一緒に作ろう!」と銘打ち、Hey! Say! JUMPのパフォーマンス中に使用する写真を募集している。


 先述した同曲のテーマにちなみ、写真のテーマは“ハート”。自身で描いたハートのイラストはもちろん、家族や友達、恋人など、大切な人と作った“ハート”の写真も大歓迎とのこと。


 この数カ月を通して私たちは、人と人とが直接繋がり、触れあうことのできる日々がいかに尊いものであったかを知った。だからこそ、会えなくとも心を繋ぐことはできると、愛や絆は、決して距離なんかに阻まれないと、知ることができたのもまた、事実だ。


 「Your Song」は、今この時代を生きる多くの人の心に響くはず。そして、今は離れ離れの彼らとファンを”繋ぐもの”、それはきっと、彼らが歌うとおりだ。


 Hey! Say! JUMPのステージは、あたたかな写真やイラスト、愛で彩られたハートフルな時間となることだろう。(新 亜希子)


    ニュース設定