魔王城に迷い込んだ少女の運命は!? → 魔王メロメロ 漫画「人間嫌いの魔王」が親バカなパパみたいで和む

0

2020年09月20日 12:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真崇拝を得るためにはまず国語教育から?
崇拝を得るためにはまず国語教育から?

 人間の少女を優秀な下僕に育てようと奮闘する魔王の漫画、「人間嫌いの魔王様は幼女にも容赦しない」シリーズが、物騒なタイトルとは裏腹にほのぼのすると好評です。作者は『33歳漫画家志望が脳梗塞になった話』で知られる漫画家、あやめゴン太さん。



【画像】漫画を見る



 ある日魔王の居城に、どこからかみすぼらしい少女が迷い込んできました。人間嫌いの魔王は、たとえ相手が子どもであろうと、容赦なく飛びかかります。



 そして薄汚れた少女を風呂に入れ、「ばっちいのに無自覚で病原菌をバラまいてっ」と身体を洗ってキレイに。さらに免疫力を高めさせるため食事を与えて、ふかふかのベッドに寝かせるのでした。パンデミックの防止を名目に、少女を手厚く保護してるようにしか見えない。



 魔王はその後も万事この調子。続編では、少女を従順な下僕に育てようと悪そうに笑いますが、彼女が読み書きできないと知ると、国語の授業を始めます。教育を施して優秀な労働力を育てる考え方は、確かに理にかなってはいますが……これもう保護者じゃん。



 指導のかいあって少女は字が書けるようになり、手紙を見せてきました。「まおうさまだいすき」の文面を見て、魔王は「我に心酔しておる」とハイテンション。手紙を額に飾り、少女をたたえるのでした。これもう完全に娘にメロメロのパパじゃん。



 そして少女が名無しでは不便だからと、「にんげんの子ども」から取って「ニコ」と命名。魔王はとうとう名付けの親にまでなってしまいました。ニコが名前を気に入ったと安心し、腕を振って喜ぶ様子がとてもかわいい。



 読者から「優しい世界」「絶対に人間嫌いじゃないだろ」「容赦のない善意の塊」と好評を博した、魔王の活躍はまだまだ続く様子。あやめゴン太さんは続編を不定期にTwitterで公開し、モーメントにまとめています。



画像提供:あやめゴン太さん


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定