「カネ恋」三浦春馬さんの演技に称賛の声 「やっぱり一流の演技! 圧巻!」

0

2020年09月23日 07:11  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真(C)Michell
(C)Michell

 松岡茉優と三浦春馬さんが出演するドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)の第2話が、22日に放送された。

 玲子(松岡)が早乙女健(三浦翔平)に大量のモノを貢ぎ、15年間も片思いをしていることを知った慶太(三浦さん)は、玲子の恋を発展させるため、一肌脱ごうと決意する。

 一方、営業部の純(北村匠海)と玲子は、慶太の話で意気投合。金の価値観が似ていることも相まって、純は玲子に好意を持つようになる。

 そんな中、慶太は元カノのまりあ(星蘭ひとみ)の婚約相手・山鹿(梶裕貴)が、慶太の父親が社長を務める「おもちゃ会社モンキーパス」の赤字事業「わくわくスポーツランド」のリニューアルを提案していることを知り、対抗心が芽生える。

 そして、あるアイデアを思いつき、玲子、純、早乙女も巻き込んだテニスコンペを開催することに…。

 本作は、三浦さんの遺作であることから、今回も放送開始直後から大きな反響を集めた。

 SNS上には、「やっぱり一流の演技! 圧巻!」「春馬くんの笑顔が最強過ぎる」「表情の演技も、指先までの演技も、全てがパーフェクト」「春馬くんのお芝居って、演じているその人の小さな心の動きまでもがしぐさや表情からすごく伝わってくる」など、三浦さんについてのコメントが多数集まった。

 また、玲子が早乙女への思いを「デートしたいとか、そんな大それたこと…。早乙女さんを遠くから見つめて、めでているだけでよかったのに」といったせりふが登場したことから、「オタクのかがみ」という声も挙がった。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定