成海璃子、結婚を発表 大人びたルックスで子役時代から活躍「瑠璃の島」で一躍話題に<略歴>

2

2020年09月23日 15:40  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真成海璃子(C)モデルプレス
成海璃子(C)モデルプレス
【モデルプレス=2020/09/23】女優の成海璃子(なるみ・りこ/28)が23日、一般男性との結婚を発表。ここでは成海のこれまでの活躍をまとめる。

【写真】成海璃子、ミニスカ衣装でおニャン子風80年代アイドルに?初歌唱シーンは「とにかく緊張」<マニアック>

◆成海璃子、子役時代から長きに渡り活躍

成海は1992年8月18日生まれ、神奈川県出身。子役から本名で活動を開始し、2000年にドラマ「TRICK」(テレビ朝日系)で、主演を演じる仲間由紀恵の少女時代役でドラマデビューを果たした。2004年に現在の事務所に移籍。芸名を「成海璃子」に改名し、数々のドラマや映画に出演している。

2005年には、「瑠璃の島」(日本テレビ系)でドラマ初主演。孤独な少女を見事演じきり、一躍ブームを巻き起こした。

大人びたルックスや性格で、実年齢よりも上の役を演じることも多い成海。ドラマ「ハチミツとクローバー」(2008年/フジテレビ系)では、当時15歳でありながら18歳の大学生役を演じ話題に。2010年に公開された映画「書道ガールズ!!−わたしたちの甲子園−」では主演を務め、書道パフォーマンスに全力投球の女子高校生役を熱演。劇中では、袴姿に裸足というスタイルで力強い書道パフォーマンスを披露した。

2019年に公開された映画「愛唄−約束のナクヒト−」では元有名子役で、主演の横浜流星演じるトオルの初恋相手というキャラクターを丁寧に演じきり物語に華を添えた。

◆成海璃子、待機作続々 今後の活躍にも期待の声

俳優の吉沢亮が主演を務める2021年放送のNHK大河ドラマ「青天を衝け」では、高良健吾演じる渋沢喜作の妻・よし役を演じることが決定している。

また、11月6日公開の映画「ジオラマボーイ・パノラマガール」にも、鈴木仁演じるケンイチを優しく支える姉・サカエ役で出演するなど、今後も様々な役どころでの活躍が期待されている。

◆成海璃子、結婚を発表

成海はモデルプレスに寄せたコメントにて「私事ではございますが、この度、結婚いたしましたことをご報告させていただきます。お相手は一般の方で、2020年9月中旬に入籍いたしました」と報告。「今後も変わらずに仕事を続けていきたいと思いますので、温かく見守って頂けますと幸いです」とした。

婚姻届は都内の区役所に2人で提出済み。式・披露宴は未定だという。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
ニュース設定