サイサイ、主演映画封切りに笑顔 演技初挑戦のすぅ「これが映画の現場なんだ」

1

2020年09月25日 22:45  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』&『HERO DOCUMENTARY FILM』の初日舞台あいさつに登壇したSILENT SIREN(左から)山内あいな、梅村妃奈子、吉田菫、黒坂優香子 (C)ORICON NewS inc.
映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』&『HERO DOCUMENTARY FILM』の初日舞台あいさつに登壇したSILENT SIREN(左から)山内あいな、梅村妃奈子、吉田菫、黒坂優香子 (C)ORICON NewS inc.
 ガールズバンド・SILENT SIRENの吉田菫(すぅ)、梅村妃奈子(ひなんちゅ)、山内あいな(あいにゃん)、黒坂優香子(ゆかるん)が25日、都内で行われた映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』&『HERO DOCUMENTARY FILM』の初日舞台あいさつに登壇した。

【個別ショット】演技初挑戦への思いを語ったすぅ

 ほぼ演技初挑戦の4人。一番せりふが多かったというすぅは「『カンペないと無理っす!』という感じでした(笑)。ガチガチではないと甘く見ていたんだけど、やってみると演技指導もしてくれて、これが映画の現場なんだと。プロの俳優さん、女優さんはもっと過酷なんだろうなと思いました」と振り返った。

 “もしサイサイじゃなかったら?”という質問にゆかるんは「占いで、子ども3人産むと言われていたので、産んでいたかもしれないですね」といい、ひなんちゅは「就活もせずにインドネシアに帰っていたと思います」と想像した。

 主演映画の封切りにあいにゃんは「このスクリーンで流れて、感慨深い。うれしい気持ちでいっぱいです」と笑顔。すぅは「延期になってしまったんですけど、公開することができてうれしいです。自分たちのバンドの大切さを感じることができたし、見てもらうことができてうれしかったです!」と喜びを語っていた。

 2019年6月9日、ワンマンライブで「時間を巻き戻したいと思います!」というと、本当に時空がゆがみ、専門学校の教室で目を覚ます。サイサイの存在しないパラレルワールドに飛ばされた4人が、ファンが待つライブ会場へ戻ることを目指すストーリーが描かれる。
    ニュース設定