フェラーリの元代表ドメニカリがF1の最高経営責任者に。2021年1月就任が決定

1

2020年09月25日 23:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真F1のプレジデントおよびCEOのポジションに就くことが決定したステファノ・ドメニカリ
F1のプレジデントおよびCEOのポジションに就くことが決定したステファノ・ドメニカリ
 F1の商業権保有者リバティ・メディアは、2021年1月にステファノ・ドメニカリがF1のプレジデントおよびCEOのポジションに就くことを正式に発表した。現在チェアマンおよびCEOを務めるチェイス・キャリーはノンエグゼクティブチェアマンの役割を担うということだ。

 フェラーリの元チーム代表ドメニカリがF1のCEOの座に就く見通しであると、今週多数のメディアが報じ、その数日後の9月25日、リバティ・メディアは来年からドメニカリがF1の最高経営責任者を務めることを正式に発表した。

 現在55歳のドメニカリは1991年にスクーデリア・フェラーリに加入、スポーティングディレクターを経て、2008年にジャン・トッドの後継としてチーム代表の座に就き、2014年序盤までその役割を果たした。ドメニカリは現在、ランボルギーニのチェアマンおよびCEOを務め、FIAのシングルシーター・コミッションの責任者としても活躍している。ランボルギーニは、リバティ・メディアの発表の直前に、ドメニカリが現在のポジションから離れるという発表を行った。

「F1の組織に加わることに興奮している。F1は私の人生の一部なのだ」とドメニカリはコメントした。

「F1のチーム、プロモーター、スポンサー、多数のパートナーと手を携えてこのビジネスを今後も推進していくのが楽しみだ」

「アウディでの6年間、そしてランボルギーニを率いたことで、より幅広い視点と経験を得ることができた。それをF1に役立てるつもりだ」

 リバティ・メディアの会長およびCEOグレッグ・マフェイは、ドメニカリを歓迎するとともに、キャリーの功績、特に新テクニカルレギュレーションおよびコストキャップ導入、新コンコルド協定をまとめるといった働きを称えた。キャリーは来年以降、非常勤会長としてF1に関わっていく。

このニュースに関するつぶやき

  • この人か。奥さんが88年のホンダF1チームでバイトしてたって、DAZNで言ってたのは。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定