どこでもドアって鍵必要だったんだ… アニメ「ドラえもん」、“思わぬ事実”に視聴者驚き

4

2020年09月26日 13:21  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)
『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

 2020年9月19日(土)のアニメ「ドラえもん」では、1本目のエピソードとして「サハラ砂漠で勉強はできない」を放送。どこでもドアの鍵をなくしたドラえもんに対し、視聴者から「ドラえもんが役に立たないwww」「えっ! 鍵必要なの??」とツッコミが続出した。

「やっぱり久保先生は神だった…」久保帯人の『BURN THE WITCH』旋風はまだまだ終わらない!?

 事の発端は、ドラえもんのひみつ道具「観光ビジョン」。“環境が悪くて宿題ができない”というのび太のために取り出した道具で、これを使うと地球上のあらゆる場所を部屋に映し出すことができる。

 さっそく、のび太の勉強が捗りそうな場所を選び始めるドラえもん。最終的に“砂以外何もない”という理由でサハラ砂漠を選んだのだが、そこには今にも死にそうな遭難者が映り込んでいた――。

 何とかして遭難者を助けてあげたいのび太は、「どこでもドア」を使ってサハラ砂漠へ行こうと提案する。しかし、ここでドラえもんの口から「あれ〜? 鍵はどこだっけ?」と衝撃の一言が。どうやら鍵をなくしてしまい、どこでもドアが使えないらしい。

 この状況を見た視聴者からは「ドラえもん、マジでいざというときに使えない!」「『あれ〜?』じゃなくて必死に探し出せwww」などの声が続出。中には「どこでもドアって鍵必要だったんだ…」とその構造に驚く人もいた。

 結局、サハラ砂漠の上空を通ったヘリコプターにより遭難者は無事救出。物語はハッピーエンドで終わるものの、ドラえもんの“ポンコツぶり”が垣間見えるエピソードだった…。

アニメ「ドラえもん」
原作:藤子・F・不二雄
脚本・制作協力:藤子プロ
出演:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一 ほか

このニュースに関するつぶやき

  • 原作でもごく稀に鍵の存在を示唆していましたよね(雲の王国等)……たしか、コレ。最終的に選んだのが先生の部屋ってオチだったような
    • イイネ!0
    • コメント 9件
  • 収納下手なうえ物であふれているワシとしては、あの四次元ポケットが羨ましい。どこでもドアやもしもボックスを、置き場所のこととか考えずに買えるのはすごい事だよ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

オススメゲーム

ニュース設定